古河電工,5G向け多心光ファイバ融着機を発売


古河電気工業は,多心光ファイバ融着接続機「S124M12」の販売を開始した(ニュースリリース)。

近年,データトラフィックの急激な増加に伴い,データセンターや大都市ネットワークでは,これまで以上に光ファイバネットワークの大容量化・多心化が求められており,光ケーブル施工の現場では,多様な光ファイバケーブルの接続に対応することが必要となっているという。

この製品は,ファイバをガイドするV溝基板をユーザー自身で交換可能な構造を採用。200um心線のローラブルリボン用のV溝基板に交換することにより,1台の融着接続機で200umのローラブルリボンケーブルの接続も可能になるという。また,融着接続とその後の加熱補強において,世界最速レベルの高速動作を実現しており,超多心の光ファイバケーブル施工を短時間で行なうことができるとしている。

この製品の主な特長は以下の通り。
・着脱式ファイバガイドV溝採用
・200umローラブルリボンの接続にも対応可能
・高速動作の融着接続・加熱補強
・タッチパネルとGUI(グラフィカルユーザインタフェース)による簡単操作
・軸ズレ自動矯正支援機構
・Wi-Fi機能搭載でリモート操作,データ管理も可能

その他関連ニュース

  • 古河電工とシャープ,CATV向け5Gシステムを検討 2022年07月26日
  • 電気硝⼦,5G対応アンテナ・リピーターを開発 2022年06月28日
  • 三菱電機,5G向けDFBレーザーを開発 2022年03月08日
  • パナ,高速通信向け低伝送損失多層基板材料を開発 2022年01月18日
  • 国がんら,8K遠隔腹腔鏡手術の有用性を確認 2021年11月02日
  • 電気硝子,低損失LTCC用材料を開発 2021年10月25日
  • NECとシスコ,北欧5Gのサプライヤーに選定 2021年10月21日
  • KDDI研ら,メタサーフェス反射板で電波方向制御 2021年10月12日