関学,右円偏光を発するプラスチックを開発

関西学院の研究グループは,植物成長を促進するプラスチック(右巻きの光を発するプラスチック)を開発した(ニュースリリース)。

植物は青または橙赤色の光をよく吸収して成長する。中でも,それらの右円偏光をよく吸収する。研究グループの合成したモノマーとポリマーは,植物にとっても有害な紫外光を吸収し,青色の右円偏光を高輝度で発する材料となる。

合成したモノマーの1つはスチレン誘導体で,さまざまなビニルモノマーとの共重合で多種多様なプラスチックの開発が実現できる。また,二官能性モノマーの合成(例えばビスフェノール型モノマー)も容易で,ポリカーボネート・ポリウレタン・ポリエステル・ポリアミドなど,さまざまなエンジニアリングプラスチック開発へと展開できる。いずれも,鍵モノマーの導入量は1~0.1mol%程度の極めて少量でよくコストを抑えることができるという。

また,得られるプラスチックは太陽光(の紫外光)により励起されて発光するため,LEDと異なり電源を必要としない。シートやプラスチックケース等で植物を覆うだけでなく,植物のそばの壁や木材など光の当たるところにコーティングするだけでも成長効果が期待できる。なお,電気により発光させることも可能という。

研究グループは,今回開発した材料は熱・光・酸・塩基・空気・水に対して安定で,官能基の導入による発光色の制御も容易(橙赤色発光も実現容易)であるなど実用性が高く,一方,左巻きの円偏光は植物の成長を抑制するため,ミラーイメージのモノマーを用いれば,雑草などの植物成長を抑制するプラスチックも開発できるとしている。

その他関連ニュース

  • 東大,光合成タンパク質複合体の修復機構に知見 2022年10月03日
  • 阪大,あらゆる光パターンの光輻射圧分布を計算 2022年09月30日
  • 公大,太陽光で生分解性プラスチックを収率80%合成 2022年09月28日
  • 分子研ら,右巻き粒子と左巻き粒子を光の力で区別 2022年09月22日
  • 2022年度人工光型植物工場運営市場規模は281億円 2022年09月08日
  • 阪大ら,非緑色藻類の葉緑体タンパク質輸送に知見 2022年08月24日
  • 京大ら,光合成の活性を向上するアミノ酸変異発見 2022年08月19日
  • 豊技大,2つ光スイッチ持つシアノバクテリア発見 2022年08月03日