三菱ガス化学,折率1.68のポリレンズ材を発売

三菱ガス化学は,小型カメラレンズ用樹脂としてスマートフォンのカメラレンズ等に使用されている特殊ポリカーボネート「ユピゼータ®EP」シリーズの最新グレードとして,世界最高の屈折率1.68を有するとするう「ユピゼータEP-10000」の販売を開始した(ニュースリリース)。

屈折率1.68は既存の「ユピゼータ®EP-9000」の屈折率1.67を凌ぐ材料で,薄さを維持しながらカメラ性能のさらなる高機能化を可能とする。

スマートフォンやタブレット等のカメラレンズ素材には,高屈折率(レンズの薄型化に寄与)と低複屈折性(画像の鮮明化に寄与)を兼ね備えた特性が求められるが,同社の今回の製品はこれらを高い次元で両立し,さらに成形性も兼ね備えているとしている。

その他関連ニュース

  • タムロンら,広角撮影が可能な眼底カメラを開発 2021年09月17日
  • OKI,車載カメラのフォギング試験サービスを開始 2021年08月31日
  • FCCL用PIフィルム出荷量,2ケタ成長が続く 2021年08月06日
  • エドモンド,VSDイノベーションアワード受賞 2021年08月05日
  • ams OSRAM,使い捨て内視鏡用カメラを発表 2021年08月02日
  • シャープ,ウェアラブル超小型近接センサを量産 2021年07月19日
  • タムロン,産業用単焦点レンズを発売 2021年06月28日
  • 浜ホト,科学計測用カメラを開発 2021年05月18日