ニコン,レーザー微細加工機を開発

ニコンは,光加工機シリーズの次世代モデルとなる「金属除去加工機」の開発を進め,パシフィコ横浜の「高精度・難加工技術展2019」(2019年9月4日~6日開催)に参考出展する(ニュースリリース)。

同社は2019年4月に,造形・肉盛りといった金属3Dプリンターの要素からマーキング,接合など,レーザーによるさまざまな金属加工を高精度で容易に行なえる,光加工機「Lasermeister 100A」を発売した。光加工機とは,レーザーによるさまざまな金属加工を高精度で行なうことができる,同社独自の金属加工機。

現在開発中の「金属除去加工機」は,この光加工機シリーズの第2弾で,超短パルスレーザーによる高精度な除去加工(金属を削って加工する方法)が可能。この製品は,加工と計測を自動で繰り返し,サブマイクロメートルレベルでの高精度平面仕上げや微細加工を実現するという。

なお,この製品の発売時期・発売価格などの詳細は未定としている。

その他関連ニュース

  • 光響,レーザー加工サービスの提供開始 2021年09月07日
  • SP,サンプル加工可能なアプリケーションラボ開設 2021年09月01日
  • アストロン,ハンドヘルドレーザー溶接機を発売 2021年08月26日
  • 理研ら,アト秒パルスで1京分の3秒の分子応答観測 2021年08月20日
  • ニコン,レーザー微細加工技術でシャープと協業 2021年07月27日
  • 分子研ら,超小型レーザーピーニング装置を開発 2021年07月15日
  • 【OPIE】NEDO,青色レーザーの銅加工をデモ 2021年06月30日
  • 三菱ら,50W深紫外ピコ秒レーザー加工機を開発 2021年06月22日