コーニング,中国に車載用ガラス工場を設立

米コーニングインコーポレイティッドは7月9日,中国・安徽省の合肥新站ハイテク産業開発区に新たに設立した,オートモーティブガラスソリューションの施設の開設式を行なった(ニュースリリース)。

自動車メーカーは現在,より多くのディスプレーや高機能ガラスを自動車設計に取り入れており,同社はこの量産施設により,世界の自動車メーカーに対して,車載インテリア用「AutoGradeTM Gorilla Glass」を直接自動車メーカーに納入することが可能になるという。

自動車設計において,より大型,曲面型で高解像度の車載ディスプレーの採用が進んでおり,自動車業界の厳格な基準をクリアしつつ,スマートフォンのような高機能ガラスの需要が高まっている。この新施設は,同社が新たに発表した「S戦略と成長の枠組み」で表明した,2023年までに自動車市場での売上高倍増という目標達成を支えるものだとする。

なお新工場は,2019年第3四半期より出荷を開始する予定。

その他関連ニュース

  • 慶大ら,LiDARセンサーを網羅的セキュリティー調査 2024年02月13日
  • シャープ,XR技術などの新規事業開発の新拠点を開設 2024年01月31日
  • ams OSRAM,自動車向け低消費電力側面発光LED 2024年01月26日
  • 三菱ガス化学,レンズモノマー設備新設と販売を開始 2024年01月24日
  • オハラ,光学ガラスがSLIMの航法カメラに採用 2024年01月23日
  • 富士フイルム,熊本に先端半導体材料の生産設備建設 2024年01月16日
  • 理研,超短パルスレーザーとエッチングで微細貫通穴作製 2024年01月12日
  • 筑波大ら,圧力下でのガラス相転移機構を解明 2023年12月11日