フォトテクニカ,赤外高感度・高波長分光器を発売

フォトテクニカは,オランダAvantes社製非冷却近赤外高感度・高波長分解能分光器 「AvaSpec-NIR256/512-1.7-EVO」の販売を開始した(会社HP)。

新開発エレクトロニクスボード「AS-7010」により,USB3.0高速通信・LAN経由1Gb/s直接遠距離伝送・内部に多メモリ保存・外部トリガー等を実現した,次世代進化型EVOシリーズとしてラインナップ。

近赤外域で冷却なしで最短露光時間(10μs)・低ノイズ・高感度計測・高速データ伝送を実現している。水分含有量の計測,液体・個体・粉体のインライン計測,プラスチックや金属の性質分析,プロセスコントロール等の用途を想定。

主な特長は以下の通り。
・高感度:8,200,000(count/μW/ms)
・露光時間:最小10μs
・低ノイズ,高S/N値(5000:1)
・ダイナミックレンジ:9000:1
・外部トリガー機能,スリット交換型対応
・波長域:900~1750nm
・HS(高感度)とLN(低ノイズ)のモード切替えが可能

その他関連ニュース

  • ABCら,系外惑星に初めてOH分子を発見 2021年04月27日
  • 東大ら,超広視野多天体分光器でスペクトルを取得 2021年04月22日
  • 東工大ら,新分光器で地球型惑星に新知見 2020年05月21日
  • 京産大ら,赤外高分散分光器で中質量天体を観測 2019年11月28日
  • 【光フェア】アダマンド,MEMS式小型FTIRを出展 2019年11月13日
  • 天文台ら,近赤外線高分散分光器で星間物質を測定 2019年08月23日
  • 京大ら,軟X線分光器でベリリウムの化学状態分布を解析 2019年04月01日
  • アイセイ,OEM組み込み型超小型分光器を発売 2019年03月18日