アストロン,4軸パイプ切断加工ヘッドを発売

アストロンは,中国Empower(RayTools)製のレーザー加工用ヘッド「3.3kW対応BM140シリーズ4軸パイプ切断加工ヘッド」の販売を開始した(製品ページ)。販売価格は480万円を予定。

パイプ切断機能と溝加工機能を兼ね備え,オートフォーカスと組み合わせて最適化された光学構成および滑らかで効率的な気流設計により,パイプ切断を効率的に行なうことが可能。

また,5軸パイプ切断機のほとんどの機能を置き換えることができるため,機器調達コストを大幅に削減することができるとしている。

主な仕様は以下の通り。
・パワーレベル:3,300W
・光ファイバインターフェース:QBH,QD
・コリメーションレンズ焦点距離:100mm
・開口径:27mm
・集光レンズの焦点距離:125mm,150mm,200mm
・ノズルのタイプ:シングル,ダブル,カスタム
・ノズル先端の直径:0.8mm,1.0mm,1.2mm,1.5mm,2.0mm,2.5mm,3.0mm
・アシストガス圧:<25bar
・重量:>18kg

<オートフォーカス>
・フォーカス範囲:±9mm
・可動域:±45°

<スイング>
・スイング回転速度:最大90r/分
・スイング角加速度:≦50rad/s2
・揺動軸位置決め精度:0.015°
・揺動軸の繰り返し位置決め精度:0.005°

その他関連ニュース

  • 古河電工ら,出力5kWの青色レーザー発振器を開発 2024年06月04日
  • 東大ら,DUVレーザーで半導体基板に3μm穴あけ加工 2024年05月31日
  • 【解説】青色半導体レーザーの高出力化が進展も,実用化にはビーム制御も重要 2024年05月22日
  • 京大,レーザーで超高品質な極浅構造を作成 2024年05月22日
  • NEDO,高効率・高品質レーザー加工技術開発に着手 2024年04月05日
  • 東北大,レーザー微細加工の分解能を飛躍的に向上 2024年03月12日
  • 立命大,銅の微細構造を簡易形成する加工技術を開発 2024年01月26日
  • 理研,超短パルスレーザーとエッチングで微細貫通穴作製 2024年01月12日