大阪工大,光を当てると発熱する塗料を開発

大阪工業大学は,太陽電池やトランジスタなどの材料として広く使われている導電性高分子であるポリ3-ヘキシルオフェン(P3HT)が光を熱に変換する新たな能力を持つことを発見した(ニュースリリース)。

従来,光を熱に変える材料として,カーボンブラックや金ナノ粒子などが知られているが,さまざまな基材に塗布できて自由に成型することができるものは存在しなかった。

今回研究グループは,P3HTに塩素イオンをドープすると, P3HTが800nm付近の波長の光を吸収し熱に変換することを発見。太陽光を熱に変換することもわかったという。

研究グループは,P3HTが有機溶剤に溶けることから塗料としての利用が可能であり,さまざまな形状の基材に塗布が可能で,宇宙空間(宇宙ステーションやスペースシャトル内など)での熱利用や,熱によってがん細胞を死滅させる温熱療法(ハイパーサーミア)など,真空空間や微細空間での局所加熱への応用が期待できるとしている。

その他関連ニュース

  • 東大ら,最高レベルの電気伝導度の高分子材料を開発 2021年04月22日
  • 東大ら,低分子に匹敵する高分子半導体に知見 2021年03月02日
  • 兵県大ら,高分子材料の高次構造を新手法で表現 2021年01月28日
  • 東工大ら,応力で変色し強度を増す高分子を開発 2021年01月25日
  • 東工大,高分子結晶化過程を可視化・定量化 2021年01月06日
  • 東大,安全・再利用可能なラジカル発生剤を開発 2021年01月06日
  • 東工大,高分子破壊時のメカノラジカルを可視化 2020年11月19日
  • 理科大,プロトン伝導で変色する透明高分子膜開発 2020年09月08日