NEC,沖縄~鹿児島間の光海底ケーブルを敷設へ

NECは,沖縄と鹿児島を結ぶ大容量光海底ケーブル敷設プロジェクトのシステム供給契約を,沖縄セルラー電話と締結した(ニュースリリース)。

このケーブルシステムは,沖縄県名護市と鹿児島県日置市を結び,総距離は約760km,最大水深は約1,200m。最新の光波長多重伝送方式を採用し,最大設計伝送容量は毎秒80Tb/sとなる。沖縄~鹿児島間を既設ケーブルとは異なるルートで結ぶため,大規模災害など有事の際のバックアップ回線確保に貢献する。

また,沖縄におけるデータセンター建設や5Gサービスの開始などにより,今後さらに見込まれる沖縄~九州・本州間の通信需要拡大に対応するという。このケーブルシステムの稼働開始は,2020年4月を予定している。

その他関連ニュース

  • フルーク,光ファイバー識別器を発売 2021年11月18日
  • NEC,光伝送領域のオープン化を目指すPJに参加 2021年11月17日
  • 清原光学ら,コンステ用電波・光通信技術を開発へ 2021年11月15日
  • 兵県大ら,Beyond 5G/6G向け最速アルゴ開発 2021年11月09日
  • 三菱,光通信モジュールで電気科学技術奨励賞受賞 2021年11月02日
  • 国がんら,8K遠隔腹腔鏡手術の有用性を確認 2021年11月02日
  • NEC,北海道ー秋田県間の光海底ケーブルを受注 2021年10月28日
  • 三菱,広動作温度範囲CWDM 100Gb/sチップ開発 2021年10月26日