東大ら,可視光でアルコールを生成する触媒を開発

東京大学は,大阪大学と共同で,可視光のエネルギーを用いて,安価で入手容易な単純アルケンとアルデヒドを反応させ,ファインケミカルの合成に有用なキラルアルコールへと一工程で変換するハイブリッド触媒系を開発した(ニュースリリース)。

キラルアルコールは,医薬品や農薬などの重要な合成中間体として知られている。今までの方法でキラルアルコールを合成するためには,入手容易な原料から多段階の工程を経ることが多く,大量に廃棄物が副生することが避けられなかった。

今回,研究グループは,単純アルケンとアルデヒドを,不斉を制御しながら直接反応できるハイブリッド触媒系を開発した。このハイブリッド触媒系は,光触媒とクロム錯体触媒の二成分から構成され,通常活性化が難しいとされる単純アルケンのアリル位の炭素-水素結合を,室温,可視光照射という極めて温和な条件で切断し,アルケンをキラル有機金属種に変換する。

これがアルデヒドと反応することで,キラルアルコールが生成する。このハイブリッド触媒系の創製により,安価で入手容易な原料からわずか一工程で,廃棄物を最小限に抑え,しかも高度なキラリティ制御を伴って有用有機分子を合成できるようになったという。

研究グループは,今回の研究により,安価で豊富な炭素資源を高付加価値の有機分子へと効率的に変換する化学プロセスへの応用が期待できるとしている。

その他関連ニュース

  • 立命大,PFASを可視光で温和に分解する技術を開発 2024年06月24日
  • 東工大ら,ホウ素と可視光で縮環した3次元分子合成 2024年06月21日
  • 分子研,エステルを多電子還元する新規光触媒を開発 2024年06月17日
  • 分子研ら,キラリティによる左右円偏光の選択性発見 2024年06月06日
  • 【解説】1,000億ドル市場に光技術が食い込む?デニム染色に光触媒が貢献
    【解説】1,000億ドル市場に光技術が食い込む?デニム染色に光触媒が貢献 2024年05月24日
  • 茨城大ら,円偏光を発光するキラルな亜鉛錯体を開発 2024年05月17日
  • 茨城大,カイラル結晶構造と反強磁気秩序を明らかに 2024年05月07日
  • 岡山大,青色LEDを光源とした有機光触媒を開発 2024年04月26日