日亜と蘭Qwestland,植物育成用LEDで協力

日亜化学工業は,蘭Qwestland Internationalと共同で,植物育成用LEDとその応用製品の開発と普及を目的とした実証実験を開始したと発表した(ニュースリリース)。

グリーンハウス分野で最先端を走るオランダにて蓄積された植物育成環境制御の知見を基礎に,同社の強みの「独自の蛍光体技術活用による特殊スペクトル」に更に磨きをかけるという。

またこれを通じて,世界が直面すると予想されている地球温暖化と食糧安定確保の問題の解決にも貢献していきたいとしている。

その他関連ニュース

  • 豊田合成,フルカラーLED車内ランプを開発 2021年12月07日
  • 農工大ら,植物工場から冬季にブルーベリーを出荷 2021年12月06日
  • ams OSRAM,園芸用LEDを発表 2021年11月09日
  • 産総研ら,LEDを用いた標準光源を開発 2021年08月30日
  • 2025年照明世界市場,7兆6,298億円に 2021年08月19日
  • 北大,室温動作スピンLEDの開発と評価に成功 2021年07月15日
  • 日亜,高圧ナトリウムランプ代替LEDを開発 2021年07月13日
  • 【OPIE】朝日ラバー,UV-C用シリコン光学素子展示 2021年07月01日