三菱電機,5G向け25Gb/s EML CANレーザーを発売

三菱電機は,第5世代(5G)移動通信システム基地局ネットワークの光ファイバー通信で使用される光通信用デバイスの新製品として,「25Gbps EML CAN」を11月1日に発売する(ニュースリリース)。

この製品は,25Gb/s EML製品として,業界で初めてTO-CANパッケージを採用した。TO-CANパッケージの広帯域化により,EML素子を搭載したTO-CANパッケージ製品として業界初の伝送速度25Gb/sを実現し,移動通信システムの高速大容量化に貢献する。また,このパッケージにより従来製品と外形寸法の互換性を確保している。

さらに,熱電変換素子の小型化により消費電力を従来製品比約40%低減し,移動通信システムの低消費電力化に貢献する。これにより,一芯双方向光モジュールや光トランシーバーなどへの組み立てが容易となり,生産性向上に資するとしている。

その他関連ニュース

  • 岐阜大ら,屋外設置型テラヘルツ通信装置を開発 2024年03月04日
  • 京大ら,高出力狭線幅フォトニック結晶レーザー実現 2024年02月28日
  • 阪大ら,テラヘルツで世界最高の無線通信速度を達成 2024年02月01日
  • NTT,NEDOのポスト5G情報通信システム事業に採択 2024年01月31日
  • 古河電工,ラマン増幅器用励起光源にU帯用途を開発 2024年01月26日
  • NTTら,APNのモバイルフロントホールへの適用実証 2024年01月19日
  • 岐阜大ら,遮蔽に強い自己修復ビームTHz無線を実証 2023年12月22日
  • 近畿大,エネルギー効率の高い光情報伝送方式を実証 2023年12月21日