三菱電機,5G向け25Gb/s EML CANレーザーを発売

三菱電機は,第5世代(5G)移動通信システム基地局ネットワークの光ファイバー通信で使用される光通信用デバイスの新製品として,「25Gbps EML CAN」を11月1日に発売する(ニュースリリース)。

この製品は,25Gb/s EML製品として,業界で初めてTO-CANパッケージを採用した。TO-CANパッケージの広帯域化により,EML素子を搭載したTO-CANパッケージ製品として業界初の伝送速度25Gb/sを実現し,移動通信システムの高速大容量化に貢献する。また,このパッケージにより従来製品と外形寸法の互換性を確保している。

さらに,熱電変換素子の小型化により消費電力を従来製品比約40%低減し,移動通信システムの低消費電力化に貢献する。これにより,一芯双方向光モジュールや光トランシーバーなどへの組み立てが容易となり,生産性向上に資するとしている。

その他関連ニュース

  • 浜ホト,レーザー加熱システム5種を発売 2021年12月07日
  • 慶大,次世代通信網向け耐障害性向上実験に成功 2021年12月06日
  • 電通大ら,2µm帯固体レーザーで41fsパルス発生 2021年12月06日
  • フルーク,光ファイバー識別器を発売 2021年11月18日
  • 【光フェア】QDレーザのマルチカラーレーザー光源 2021年11月17日
  • NEC,光伝送領域のオープン化を目指すPJに参加 2021年11月17日
  • SP,80W UVハイブリッドファイバーレーザー発表 2021年11月17日
  • 清原光学ら,コンステ用電波・光通信技術を開発へ 2021年11月15日