日板のHUD対応ガラス,GMの新型車に採用

日本板硝子は,同社のヘッド・アップ・ディスプレイ(HUD)対応ガラスが,米ゼネラルモーターズ(GM)の新型ピックアップトラックに採⽤されたと発表した(ニュースリリース)。

採用が決まったのは,北⽶で発売予定のGMピックアップトラック「GMC シエラ」と「シボレー・シルバラード」(2019年モデル)。フルサイズ・ピックアップトラックのフロントガラスとしては初の搭載となるHUDは,縦7.62㎝,横17.78㎝のカラー画⾯で,ドライバーの視線の先に運転情報を表⽰するもの。

同社独⾃の⾼精度プレス技術は,新⾞のオプション採⽤が増えているHUDに必要な複雑形状で⾯精度の⾼いフロントガラスの製造に強みを発揮するという。HUD等の運転⽀援システムの技術⾰新により,⾼性能の⾃動⾞⽤ガラスの需要は世界的に拡⼤を続けている。同社ではニーズに応えるべく,継続的に設備投資を⾏なっており,今後も新しい⾃動⾞⽤ガラスの世界的な需要に積極的に対応していくとしている。

その他関連ニュース

  • 早大ら,ガラス構造にある規則性の構造抽出に成功 2024年05月15日
  • NIMSら,ガラスセラミックスへの変化を放射光観測 2024年04月19日
  • 東大,ガラスとゲルのエージング現象の違いを解明 2024年04月16日
  • 岡⾕エレクトロニクスと横浜市,LiDARで交通量調査 2024年03月25日
  • 慶大ら,LiDARセンサーを網羅的セキュリティー調査 2024年02月13日
  • ams OSRAM,自動車向け低消費電力側面発光LED 2024年01月26日
  • オハラ,光学ガラスがSLIMの航法カメラに採用 2024年01月23日
  • 理研,超短パルスレーザーとエッチングで微細貫通穴作製 2024年01月12日