東芝,短距離伝送向け光モジュール用アダプタを発売

東芝は,単方向光モジュール用アダプタ「TOCA1300」を製品化し,量産出荷を開始した(ニュースリリース)。

この製品は,光送信モジュールと光受信モジュールを結合させて短距離データ伝送を行なうための単方向光モジュール用アダプタ。フォトカプラでは絶縁距離が短すぎる場合や,光ファイバを使用するには伝送距離が長すぎる場合に,光ファイバの代わりに使える。同社ファイバカプラを組み合わせて使用するアダプタとなっている。

その他関連ニュース

  • 阪大ら,テラヘルツで世界最高の無線通信速度を達成 2024年02月01日
  • 古河電工,ラマン増幅器用励起光源にU帯用途を開発 2024年01月26日
  • NTTら,APNのモバイルフロントホールへの適用実証 2024年01月19日
  • 岐阜大ら,遮蔽に強い自己修復ビームTHz無線を実証 2023年12月22日
  • 近畿大,エネルギー効率の高い光情報伝送方式を実証 2023年12月21日
  • 東北大ら,AIによるPONの仮想化資源制御技術を開発 2023年12月07日
  • NEDOら,既設光ファイバーで波長多重伝送に成功 2023年12月04日
  • NTT,IOWNの最新研究開発を紹介
    NTT,IOWNの最新研究開発を紹介 2023年12月01日