東芝,短距離伝送向け光モジュール用アダプタを発売

東芝は,単方向光モジュール用アダプタ「TOCA1300」を製品化し,量産出荷を開始した(ニュースリリース)。

この製品は,光送信モジュールと光受信モジュールを結合させて短距離データ伝送を行なうための単方向光モジュール用アダプタ。フォトカプラでは絶縁距離が短すぎる場合や,光ファイバを使用するには伝送距離が長すぎる場合に,光ファイバの代わりに使える。同社ファイバカプラを組み合わせて使用するアダプタとなっている。

その他関連ニュース

  • 東工大ら,サブテラヘルツ帯CMOS ICで640Gb/s伝送 2024年06月19日
  • SB,独自アンテナで走行車にテラヘルツ通信 2024年06月05日
  • 富士通,IOWN向け光伝送ソリューションの提供開始 2024年05月28日
  • NTT,光と無線のリアルタイム連携制御を実証 2024年05月16日
  • 京大,サブテラヘルツ帯電波伝搬シミュレータを開発 2024年05月15日
  • NTT,光ファイバを通信断なく分岐・合流施工に成功 2024年04月25日
  • NICTら,ISS-地上間で秘密鍵共有と高秘匿通信に成功 2024年04月18日
  • 古河電工,国内最多4000心光ファイバケーブルを発売 2024年04月16日