東芝,短距離伝送向け光モジュール用アダプタを発売

東芝は,単方向光モジュール用アダプタ「TOCA1300」を製品化し,量産出荷を開始した(ニュースリリース)。

この製品は,光送信モジュールと光受信モジュールを結合させて短距離データ伝送を行なうための単方向光モジュール用アダプタ。フォトカプラでは絶縁距離が短すぎる場合や,光ファイバを使用するには伝送距離が長すぎる場合に,光ファイバの代わりに使える。同社ファイバカプラを組み合わせて使用するアダプタとなっている。

その他関連ニュース

  • 阪大ら,小型テラヘルツ合分波器を開発 2021年04月30日
  • NTT,100Gb/s仮想ネットワーク監視システム開発 2021年04月14日
  • KDDIら,「Beyond 5G/6G」のコンセプトを公開 2021年03月31日
  • NICT,衛星からのレーザーを地上局での受信に成功 2021年03月25日
  • ニコンら,360度トラッキング光無線通信技術開発 2021年03月23日
  • 電通大,多数同時接続・超低遅延通信技術を開発 2021年03月04日
  • 東芝ストレージ,大電流フォトリレーを発売 2021年02月25日
  • NTT,OPAで容量2倍超の光増幅中継器を実現 2021年01月29日