理科大 吉野氏,光がかかわる触媒化学シンポで優秀ポスター賞受賞

東京理科大学大学院生(理学研究科 化学専攻 博士後期課程1年)の吉野隼矢氏は7月6日,第37回光がかかわる触媒化学シンポジウムにおいて優秀ポスター賞を受賞した(ニュースリリース)。

受賞題目は「フラックス法による金属硫化物光触媒微粒子の合成およびZスキーム型可視光水分解への展開」。シンポジウムにおけるポスター発表が,特に優れていると認められた。

その他関連ニュース

  • SCREENのUV-LED直接描画装置,発明表彰を受賞 2021年11月04日
  • 三菱,光通信モジュールで電気科学技術奨励賞受賞 2021年11月02日
  • 東工大,可視光全域を利用できる光増感剤を開発 2021年11月01日
  • 理研,光とマイクロ波による化学合成反応系を開発 2021年10月22日
  • 香取秀俊氏,基礎物理学ブレークスルー賞を受賞 2021年09月10日
  • NeUら,認知症ソリューションファイナリストに 2021年09月09日
  • 理科大,金属ナノクラスターから光触媒を創製 2021年08月17日
  • エドモンド,VSDイノベーションアワード受賞 2021年08月05日