理科大 吉野氏,光がかかわる触媒化学シンポで優秀ポスター賞受賞

東京理科大学大学院生(理学研究科 化学専攻 博士後期課程1年)の吉野隼矢氏は7月6日,第37回光がかかわる触媒化学シンポジウムにおいて優秀ポスター賞を受賞した(ニュースリリース)。

受賞題目は「フラックス法による金属硫化物光触媒微粒子の合成およびZスキーム型可視光水分解への展開」。シンポジウムにおけるポスター発表が,特に優れていると認められた。

その他関連ニュース

  • 出光興産舟橋氏,有機EL青色材料で紫綬褒章を受章 2024年05月08日
  • 岡山大,青色LEDを光源とした有機光触媒を開発 2024年04月26日
  • 阪大,排水からアンモニアを合成する光触媒を開発 2024年04月04日
  • 第16回レーザー学会産業賞が決定 2024年04月02日
  • 東工大ら,機械学習で光デバイスの材料探索支援 2024年04月01日
  • 日本学士院,日本学士院賞授賞を光研究2件に授与 2024年03月13日
  • セブンシックス,パルスレーザーで発明功労賞を受賞 2024年03月13日
  • 東工大ら,可視-近赤外に反応する新規光触媒を開発 2024年03月12日