立教大,「はやぶさ2」搭載カメラ開発に協力

立教大学が開発に協力した小惑星探査機「はやぶさ2」搭載のカメラが,6月27日に目的地である小惑星に到着し,高精細な画像を取得した(ニュースリリース)。現在,小惑星から20km程度の距離に到着しており,これから数ヵ月にわたって小惑星の観測を行ない,試料採取地点を決定する。

「はやぶさ2」は、小惑星「リュウグウ」を探査し,サンプルを持ち帰ることを目的としている。同大の研究グループが開発に携わった「光学航法カメラ」は,含水鉱物や有機物の分布を観測するもので,このデータを基にして着陸予定地点が決定される予定。また,「はやぶさ2」のナビゲーションを行なうことも目的としており,無事に到着させることができた。

研究グループは,2011年12月に「はやぶさ2」プロジェクトに参加。2012年1月から光学航法カメラの性能試験を開始し,検討・実験を重ねてきた。2014年3月から4月には,宇宙航空研究開発機構(JAXA)相模原キャンパスで最終性能試験が行なわれ,そこでは研究グループが中心に開発した試験用装置が使われた。

これらの試験で収集されたデータが,今回小惑星を撮影した画像データの解析に利用されている。また,小惑星の周辺に,50cm以上の衛星が存在しないことが確認されており,研究グループはそのデータ解析にも参加している。

「リュウグウ」には,構成物質に含水鉱物や有機物が含まれていると考えられている。「はやぶさ2」では光学航法カメラの分光観測によって小惑星上の含水鉱物分布を捉え,着地点を決定し,試料を採取する予定。地球の水の起源や生命の原材料となった有機物の起源を探り,生命誕生の謎に迫ることを目指している。

その他関連ニュース

  • 東大,急に明るくなり高輝度で輝く超新星の謎解明 2022年01月19日
  • 東大ら,星のゆりかごに多数の浮遊惑星を発見 2021年12月23日
  • 東大,天の川銀河の外縁部に予想外の構造を発見 2021年12月17日
  • 東大ら,Ia型超新星の爆発直後の閃光を捕捉 2021年12月09日
  • 東大ら,物質優勢宇宙を重力波で解明可能と指摘 2021年12月09日
  • 理研ら,X線偏光観測衛星を打ち上げ 2021年12月09日
  • 東大ら,氷表面の異常に低い赤外光吸収効率を解明 2021年12月07日
  • 東大ら,太陽系近くに低日射の小型系外惑星を発見 2021年12月07日