タムロン,光学防振カメラモジュールをバージョンアップ

タムロンは,2016年に発売した業界初光学防振機構搭載の超小型カメラモジュール「Model: MP1010M-VC」を更に進化させた新製品「Model: MP1110M-VC」を6月25日に発売する(ニュースリリース)。オープン価格。

新製品は,「Model: MP1010M-VC」の特長である光学防振機構搭載や小型・軽量ボディを継承しながらも,モーションディテクション(動体検知),16倍のデジタルズーム(光学10倍)やひずみ補正にも対応した。加えて,既存のアナログシステムとの使用も可能なため,幅広い用途で使用できる。

撮影素子には,1/3型プログレッシブスキャンCMOSを採用。セキュリティ市場で主流の1920×1080 Full HD映像出力に対応している他,セキュリティ用途以外にも様々なシーンで利用できるとしている。

その他関連ニュース

  • セキュリティ関連市場,2022年に1兆円を突破
    セキュリティ関連市場,2022年に1兆円を突破 2021年02月03日
  • 2019年監視カメラ市場,前年比120%の6,480万台 2020年08月05日
  • ソニー,AI搭載の画像鮮明化システムを発売 2020年07月16日
  • アイリスオーヤマ,ネットワークカメラに参入 2020年04月14日
  • NECのAI搭載のスマート街路灯,六本木に設置 2020年02月21日
  • 22年セキュリティ関連市場,8.9%増の1兆741億円 2020年01月21日
  • システムギア,小型防爆ネットワークカメラを開発 2019年11月11日
  • 日本アビオ,サーモカメラ監視システム3種を発売 2019年07月01日