旭硝子,より鮮やかなガラスサイネージを発売

旭硝子は,実物と映像のコンビネーションを実現するガラスサイネージ「infoverre®SEE-THROUGH(インフォベール®シースルー)」を開発,4月24日より販売を開始した(ニュースリリース)。

この製品は,同社開発の樹脂と貼合技術を用いて液晶ディスプレーをガラスに直接貼合した,ガラスサイネージ®製品。独自の光源設計により,従来製品では表現できなかった実物と映像の融合を,鮮やかな映像(従来比1.5倍)と,透明度(従来比2倍)により演出できる。

この製品は,各種店舗や博物館・美術館などのショーケースに使用することが可能。またガラスを介して情報交換ができるよう,タッチパネル機能を持つ製品の開発を進め,更なる用途拡大を目指すとしている。

その他関連ニュース

  • 東大ら,ガラスを安定化する新たな方法を発見 2021年11月18日
  • CROSSら,人工ガラス膜境界面の接合性を解明 2021年09月22日
  • 東大ら,ガラスのミクロな構造起源を解明 2021年09月06日
  • JAMSTEC,化学強化ガラスの破壊過程を再現 2021年08月05日
  • 東北大ら,金属ガラスの遷移にデカップリング観測 2021年06月23日
  • 国連,2022年を「国際ガラス年」と宣言 2021年06月21日
  • 阪大ら,万博実証実験でドローンの空間描画を実施 2021年06月01日
  • 東大ら,ガラスのドミノ倒し的結晶化を解明 2021年05月10日