エフエーシステム,OPIE’18で3D機器やコンテンツを展示

エフエーシステムエンジニアリングは,4月25日(水)~27日(金)パシフィコ横浜で開催される光技術総合展示会「OPIE’18」の「メディカル&イメージングEXPO」に,3D機器およびコンテンツ等を展示する(ニュースリリース)。

同社の単眼2D→内視鏡3Dコンバーターシステムは,既存の単眼(2D)内視鏡カメラ映像を3D映像にリアルタイムにコンバートする製品。単眼(2D)映像から両眼視差,輻輳角を演算することで映像を3D化する。既存の単眼(2D)カメラ及び内視鏡カメラに対応し,3Dモニターを視て3次元手術が可能となる。

また,11型3D裸眼モニターは,既存の単眼(2D)眼科用内視鏡カメラ映像をリアルタイムに3D裸眼モニター(11型)に表示する。既存のHD単眼(2D)内視鏡カメラを入力すると3D映像を表示するもので,メガネを掛けずに自然な立体映像を見ることができる。

その他関連ニュース

  • 名市大ら,3D映像の細胞集団をソフトで自動追跡 2021年03月31日
  • FASE,内視鏡手術向けHMDを発売 2021年03月29日
  • リコー,現実空間に全方位映像を映す装置を開発 2021年03月08日
  • NTT,1つのスクリーンで2Dと3Dを同時上映 2021年01月29日
  • LUCID,ポイントクラウドの作成キットを発売 2021年01月18日
  • NEC,3Dセンサーで荷物の積載容積率を可視化 2021年01月14日
  • 凸版,トッパンバーチャルヒューマンラボを設立 2020年12月25日
  • 宇大,空中ディスプレーを日刊スポーツ本社で展示 2020年12月21日