エフエーシステム,OPIE’18で3D機器やコンテンツを展示

エフエーシステムエンジニアリングは,4月25日(水)~27日(金)パシフィコ横浜で開催される光技術総合展示会「OPIE’18」の「メディカル&イメージングEXPO」に,3D機器およびコンテンツ等を展示する(ニュースリリース)。

同社の単眼2D→内視鏡3Dコンバーターシステムは,既存の単眼(2D)内視鏡カメラ映像を3D映像にリアルタイムにコンバートする製品。単眼(2D)映像から両眼視差,輻輳角を演算することで映像を3D化する。既存の単眼(2D)カメラ及び内視鏡カメラに対応し,3Dモニターを視て3次元手術が可能となる。

また,11型3D裸眼モニターは,既存の単眼(2D)眼科用内視鏡カメラ映像をリアルタイムに3D裸眼モニター(11型)に表示する。既存のHD単眼(2D)内視鏡カメラを入力すると3D映像を表示するもので,メガネを掛けずに自然な立体映像を見ることができる。

その他関連ニュース

  • NEC,3Dセンサー活用の離隔計測技術を開発 2021年07月27日
  • 群大ら,高精細・低コスト3Dイメージング法を開発 2021年07月13日
  • アーティエンス・ラボ,3D表示の新技術開発 2021年07月06日
  • 【OPIE】朝日ラバー,UV-C用シリコン光学素子展示 2021年07月01日
  • 【OPIE】電気硝子,UV-C LED用リッドを展示 2021年07月01日
  • 浜ホト,世界最高出力の産業用パルスレーザー開発 2021年06月28日
  • 東大,デジカメだけで植物を3次元データ化 2021年06月16日
  • 金沢大ら,4K-3Dビデオ顕微鏡による手術を提唱 2021年06月14日