シャープ,ベトナムでメガソーラー受注

シャープは,ベトナムにおける太陽光発電所(メガソーラー)の建設を,Thanh Thanh Cong Group(TTCグループ)傘下のGia Lai Electricity Joint Stock Company(GEC社)より受注した(ニュースリリース)。2月23日に,TTCグループおよびGEC社と現地にて調印式を行なった。

この発電所は,ベトナム北中部のトゥアティエン・フエ省に建設する。約48MW-dcの大規模出力で,年間予測発電量は約61,570MWh/年となり,ベトナムの一般的な家庭の年間消費電力量で換算すると,約32,628世帯分に相当する。

ベトナム政府は,太陽光発電の施設容量を2030年までに12,000MWに引き上げることを計画しており,同社は,この発電所の建設を契機に,ベトナム各地への太陽光発電所の設置を積極的に提案していくとしている。

その他関連ニュース

  • リコーと九大,IoT向け有機薄膜太陽電池を開発 2021年08月18日
  • 2035年PV導入量,2020年2.1倍の1億4,100万kWに 2021年07月06日
  • 産総研ら,高効率フレキシブルCIS系PVモジュール 2021年06月01日
  • リコー,色素増感太陽電池の発電量を20%向上 2021年05月13日
  • パナ,太陽電池生産から撤退 2021年02月01日
  • 国環研,PVとEVが都市の脱炭素化に有効と解明 2021年01月15日
  • NIMS,マイクログリッドの運用ビッグデータを公表 2019年02月20日
  • NIMSら,PV水素発生システムに必要なレベルを明らかに 2018年12月14日