オハラ,温度変化に適した高屈折率光学ガラスを発売

オハラは,LAH領域で最も小さいdn/dTを有する高屈折率光学ガラス「S-LAH63Q」を発売した(ニュースリリース)。

車載カメラ用レンズの光学系は固定焦点が一般的だが,車が使用される環境は零下(寒冷地)~50℃以上(真夏の車内)と温度変化が大きく,温度変化による屈折率変動(温度ドリフト)を考慮した光学設計が必要となる。

LAH系の硝材は一般的に正に大きいdn/dTを有しているが,dn/dTがゼロに近いこの製品を使用することで,温度ドリフトを効率的に補正することが期待できる。また,この硝材は車載カメラ用レンズはもちろん,プロジェクターや写真用交換レンズなど様々な用途で使用できるという。

製品の特長は以下の通り。
・LAH領域で最もdn/dTが小さい:dn/dT(Dline 40℃~60℃)1.6
・S-LAH63と同等のnd,νd   :同等のnd,νdのガラスでdn/dTが異なる硝材が選択可能

その他関連ニュース

  • 早大ら,ガラス構造にある規則性の構造抽出に成功 2024年05月15日
  • 【OPIE】朝日ラバー,LED用シリコーンレンズ登場 2024年04月24日
  • 【OPIE】山本光学,レーザー保護めがねを展示 2024年04月24日
  • NIMSら,ガラスセラミックスへの変化を放射光観測 2024年04月19日
  • 東大,ガラスとゲルのエージング現象の違いを解明 2024年04月16日
  • 三菱ガス化学,レンズモノマー設備新設と販売を開始 2024年01月24日
  • オハラ,光学ガラスがSLIMの航法カメラに採用 2024年01月23日
  • 理研,超短パルスレーザーとエッチングで微細貫通穴作製 2024年01月12日