住友電工,8Kフレキシブルケーブルのサンプル提供開始

住友電気工業は,高速伝送対応フレキシブルフラットケーブル「Type-III WS」がV-by-One US技術仕様に準拠できる見通しとなった為,同サンプルの出荷を開始した(ニュースリリース)。

ザインエレクトロニクスが技術仕様を策定したこの規格は,8K映像の伝送をめざし,1レーン当たり最高16Gb/sの高速伝送速度が規定されている。

同社は,4K映像向けのフレキシブルフラットケーブル量産,高速伝送対応製品の開発に向け,2016年よりザインエレクトロニクスとの協業によりV-by-One USの技術仕様に準拠するフレキシブルフラットケーブルの開発を進めてきた。

今回,1レーン当たり最高16Gb/sを伝送可能な「Type-III WS」の開発に成功し,開発用サンプルの出荷を開始した。本格的な販売開始は,2018年を予定している。

2020年の東京オリンピックを控え,8K映像技術に関連する電子機器需要の増加が見込まれる。同社は,この製品を早期に提供することで各電子機器メーカーの開発加速に寄与していくとしている。

その他関連ニュース

  • 古河電工,国内最多4000心光ファイバケーブルを発売 2024年04月16日
  • NTTら,米英でデータセンタ間~約100kmをAPN接続 2024年04月12日
  • ドコモら,サブテラヘルツ帯デバイスで100Gb/s伝送 2024年04月11日
  • NICTら,既存光ファイバの伝送容量の世界記録を達成 2024年03月29日
  • 古河電工,CPO用ブラインドメイト型外部光源を開発 2024年03月28日
  • NTT,マルチベンダでの400・800Gb/s相互接続デモ 2024年03月27日
  • 古河電工,前方励起ラマンユニットの信号品質を向上 2024年03月22日
  • 古河電工,デュアルポート励起光源の高性能化に成功 2024年03月22日