住友電工,8Kフレキシブルケーブルのサンプル提供開始

住友電気工業は,高速伝送対応フレキシブルフラットケーブル「Type-III WS」がV-by-One US技術仕様に準拠できる見通しとなった為,同サンプルの出荷を開始した(ニュースリリース)。

ザインエレクトロニクスが技術仕様を策定したこの規格は,8K映像の伝送をめざし,1レーン当たり最高16Gb/sの高速伝送速度が規定されている。

同社は,4K映像向けのフレキシブルフラットケーブル量産,高速伝送対応製品の開発に向け,2016年よりザインエレクトロニクスとの協業によりV-by-One USの技術仕様に準拠するフレキシブルフラットケーブルの開発を進めてきた。

今回,1レーン当たり最高16Gb/sを伝送可能な「Type-III WS」の開発に成功し,開発用サンプルの出荷を開始した。本格的な販売開始は,2018年を予定している。

2020年の東京オリンピックを控え,8K映像技術に関連する電子機器需要の増加が見込まれる。同社は,この製品を早期に提供することで各電子機器メーカーの開発加速に寄与していくとしている。

その他関連ニュース

  • 九大,Beyond5Gに向けた超高速光データ伝送を加速 2024年07月17日
  • 古河電工,超低消費電力ラマン増幅器用励起光源開発 2024年07月03日
  • NEC,5G/6G向け光ファイバ無線システムを開発 2024年06月20日
  • 東工大ら,サブテラヘルツ帯CMOS ICで640Gb/s伝送 2024年06月19日
  • SB,独自アンテナで走行車にテラヘルツ通信 2024年06月05日
  • 富士通,IOWN向け光伝送ソリューションの提供開始 2024年05月28日
  • NTT,光と無線のリアルタイム連携制御を実証 2024年05月16日
  • 京大,サブテラヘルツ帯電波伝搬シミュレータを開発 2024年05月15日