五藤光学,小・中型ドーム向けプラネタリウムを発表

五藤光学研究所は,小・中型ドーム対応の新型プラネタリウム「オルフェウス / ORPHEUSTM」を開発した(ニュースリリース)。

主恒星は6.55等星まで約9500個。〝緻密で美しい星空〟を提供するだけでなく,薄明薄暮や夕日の色合い,月食なども再現する他,全88星座の星座絵や各種座標をも投映することができる。

天の川を約800万個の恒星で再現。主恒星とは独立して調光できる機能を有する。さらに,これまでの投映機では不可能であった,恒星の等級差を自由に調整する機能を世界で初めて搭載した。これにより,都会の星空から宇宙空間で見る星空を再現できる他,星空解説に最適な星空を自在に作り出すことができる。

また,内蔵するデジタルシャッターの特性を活かし,星の光を客席までこぼすなどのエンターテインメント性を高めた演出はもちろん,傾斜ドームへの設置にも対応できる。さらに,全天周デジタル映像システムと融合したハイブリッド・プラネタリウムとして設置することでダイナミックな映像表現も可能。

わずか直径48cmの恒星球と新設計の惑星投映機構により,従来機よりも一段とコンパクトでスタイリッシュなボディーを実現。図書館並みの静粛性とともに星空を眺めることのできる,〝最適なプラネタリウム空間〟を実現するとしている。

その他関連ニュース

  • 京大ら,レーザーで結晶の生成を超高速計測 2021年07月15日
  • 京産大ら,新星爆発のリチウム生成量に多様性発見 2021年07月08日
  • NAOJ,AIで暗黒物質の観測データからノイズを除去 2021年07月05日
  • 京産大ら,恒星間天体の僅かなガスの分光に成功 2021年07月05日
  • 東大ら,白色矮星と超新星を分ける超新星を確認 2021年06月29日
  • 東大ら,FPGAで完全デジタル電波分光計を実現 2021年06月14日
  • 立教大ら,超新星爆発前の白色矮星の中心密度決定 2021年06月08日
  • 関学ら,宇宙赤外線背景放射をロケット観測 2021年06月08日