東芝,車載向け高速通信用低消費電力フォトカプラを発売

東芝は,低消費電力が求められる車載機器の高速通信用に,5pin SO6パッケージの低消費電力フォトカプラ「TLX9310」を製品化し,5月19日から出荷を開始した(ニュースリリース)。

新製品は,高出力の赤外発光ダイオードと高利得・高速の受光ICの組み合わせにより,既存製品に比べて1/4以下の低消費電力を実現した。これにより車載機器での待機時や駆動時の消費電力削減に貢献する。

 

主な仕様は以下の通り。
動作温度定格: Topr=-40~105℃
低スレッショルド入力電流: IFLH=1.0mA(max)
低供給電流: IDDL,IDDH=0.3mA(max)
データ伝送レート: 5MBd(typ)@NRZ
伝搬遅延時間: tPLH,tPHL=250ns(max)
伝搬遅延スキュー: tpsk=65ns(max)
トーテムポール出力

また,同社は米大手ITアドバイザリ会社ガートナー社の最新レポートにおいて,2015年から2016年にかけて,売り上げベースでシェアNo.1のフォトカプラメーカーと認定された。そのレポートによると,同社は2016年に販売金額ベースで市場シェア23%を獲得したという。

その他関連ニュース

  • 東芝ストレージ,小型高速フォトリレーを発売 2023年05月30日
  • 三菱電機,ドライバーの体調異常検知システムを開発 2023年04月27日
  • カネカの太陽電池,プリウスPHEVに採用 2023年03月31日
  • 2035年車載センサーモジュール市場,5兆円超に 2023年02月14日
  • 日亜ら,ADB用マイクロLEDソリューションを開発 2023年01月25日
  • 2035年,運転者監視システム搭載率は63.6%に 2022年12月06日
  • 車載ディスプレー市場,自動車生産台数を上回る期待 2022年11月22日
  • 京セラ,白色レーザーと近赤光のナイトビジョン開発 2022年10月18日