NEC,東南アジアで海底ケーブル3ルートを建設

NECは,東南アジアのパラオ共和国およびミクロネシア連邦向けに大容量光海底ケーブルを計3ルート建設する(ニュースリリース)。

第1のルートは,パラオ共和国と,東南アジアと米国本土を結ぶ大容量光海底ケーブル「SEA-US(Southeast Asia-United States、シーユーエス)」を接続するもの。このケーブルの建設は,Belau Submarine Cable Corporation社と契約締結したもので,アジア開発銀行の資金が活用されている。

第2のルートは,ミクロネシア連邦のヤップ島とSEA-USを接続するもの。このケーブルの建設は,ミクロネシア連邦通信庁と契約締結したもので,世界銀行の無償資金援助が活用されている。

第3のルートは,ミクロネシア連邦のチューク島と,グアムとミクロネシア連邦の首都ポンペイを結ぶ大容量光海底ケーブルを接続するもの。このケーブルの建設は,ミクロネシア連邦通信庁と契約締結したもので,世界銀行の無償資金援助が活用されている。

今回建設する海底ケーブルは,いずれも100Gb/sの最新の光波長多重伝送方式を採用する。これらの島々は現在,衛星通信を活用しており,新たなルートの建設により通信環境が向上することが期待されるとしている。

その他関連ニュース

  • NICTら,ミリ波無線を簡素化する光・無線技術開発 2021年07月15日
  • PETRA,IC・ファイバー間の3次元光配線を開発 2021年07月05日
  • KDDIら,4コアファイバで7,200kmリアルタイム伝送 2021年06月25日
  • 古河電工,DFBレーザーの生産能力を2倍超に 2021年06月23日
  • NICT,4コアファイバで319Tb/s・3,001km伝送 2021年06月22日
  • NTT,IOWNを支える光アクセス網構成法を確立 2021年06月21日
  • 古河電工,広帯域用Micro-ITLAと対応LDを開発 2021年06月15日
  • 香川大,MCF用低損失コア選択スイッチを実証 2021年06月09日