住友電工,光ファイバーの伝送損失で世界記録更新

住友電気工業は,光ファイバーの伝送損失を低減するため,ガラスおよび樹脂被覆の技術を更に向上させ,過去最も低い伝送損失0.1419dB/km(波長1560nm)を実現し,世界記録を更新した(ニュースリリース)。

通信量は世界的に急激な増大が続いており,これに対応するために光通信システムの性能向上に対する要求が高まり続けている。光ファイバーの伝送損失を下げることは光通信システムの性能改善につながるもので,同社は,1988年に極低損失ファイバーを実用化して以来,継続的に伝送損失の低減をはじめとする技術を開発,実用化してきた。

今回,損失を低減するためのガラスおよび樹脂被覆の技術を更に向上させ,光ファイバーの伝送損失として過去最も低い0.1419dB/km(波長1560nm)を実現した。これは従来の記録を更新する新たな世界記録となる。

同社は今後も更なる技術開発に挑戦し,大洋間海底光ケーブル網などの超長距離光通信システムの性能改善に貢献していくとしている。

その他関連ニュース

  • 神大ら,セキュアクラウドで内視鏡映像の伝送実験 2022年01月24日
  • 2025年度通信機器・通信サービス市場,14.4兆円に 2021年12月20日
  • 慶大,次世代通信網向け耐障害性向上実験に成功 2021年12月06日
  • フルーク,光ファイバー識別器を発売 2021年11月18日
  • NEC,光伝送領域のオープン化を目指すPJに参加 2021年11月17日
  • 清原光学ら,コンステ用電波・光通信技術を開発へ 2021年11月15日
  • 兵県大ら,Beyond 5G/6G向け最速アルゴ開発 2021年11月09日
  • 三菱,光通信モジュールで電気科学技術奨励賞受賞 2021年11月02日