三菱電機,100Gb/s小型集積APD ROSAのサンプル提供開始

三菱電機は,伝送距離40km,伝送速度100Gb/sの高速光ファイバー通信で使用される受信モジュールの新製品として,光トランシーバーの小型・低消費電力化に貢献する「100Gb/s小型集積APD ROSA」のサンプル提供を6月1日に開始する(ニュースリリース)。オープン価格。

チップ構造の最適化により,高速な光・電気変換応答特性を有す高感度APD素子を開発を開発した。これにより,APD ROSA単体で伝送距離40kmを実現し,光トランシーバー内の光増幅器を省略した。データセンター間などの高速光ファイバー通信に求められる長距離伝送に対応する。

光増幅器の省略と光学部品およびその配置の最適化により,小型光トランシーバーの次世代規格であるQSFP28に適合したほか,APDからの電気信号を増幅するTIAの電力を抑えることで,業界トップレベルの低消費電力値0.4W(代表値)を達成した。

その他関連ニュース

  • KDDIら,テラヘルツ帯マルチビームアンテナを開発 2022年05月24日
  • NICT,4コア光ファイバで1Pb/s超伝送に成功 2022年05月19日
  • SBら,水中で1対多接続の光無線通信に成功 2022年04月25日
  • キーサイト,112Gb/s検証ソリューションを発表 2022年04月05日
  • 慶大ら,オープン光ネットワークの監視・管理を実証 2022年03月30日
  • KDDI総研ら,4コアで109Tb/sを3120km伝送 2022年03月28日
  • 三菱電機,5G向けDFBレーザーを開発 2022年03月08日
  • 凸版ら,光IPで高精細映像を高品質・低遅延伝送 2022年03月08日