三菱電機,100Gb/s小型集積APD ROSAのサンプル提供開始

三菱電機は,伝送距離40km,伝送速度100Gb/sの高速光ファイバー通信で使用される受信モジュールの新製品として,光トランシーバーの小型・低消費電力化に貢献する「100Gb/s小型集積APD ROSA」のサンプル提供を6月1日に開始する(ニュースリリース)。オープン価格。

チップ構造の最適化により,高速な光・電気変換応答特性を有す高感度APD素子を開発を開発した。これにより,APD ROSA単体で伝送距離40kmを実現し,光トランシーバー内の光増幅器を省略した。データセンター間などの高速光ファイバー通信に求められる長距離伝送に対応する。

光増幅器の省略と光学部品およびその配置の最適化により,小型光トランシーバーの次世代規格であるQSFP28に適合したほか,APDからの電気信号を増幅するTIAの電力を抑えることで,業界トップレベルの低消費電力値0.4W(代表値)を達成した。

その他関連ニュース

  • 2025年度通信機器・通信サービス市場,14.4兆円に 2021年12月20日
  • 慶大,次世代通信網向け耐障害性向上実験に成功 2021年12月06日
  • フルーク,光ファイバー識別器を発売 2021年11月18日
  • NEC,光伝送領域のオープン化を目指すPJに参加 2021年11月17日
  • 清原光学ら,コンステ用電波・光通信技術を開発へ 2021年11月15日
  • 兵県大ら,Beyond 5G/6G向け最速アルゴ開発 2021年11月09日
  • 三菱,光通信モジュールで電気科学技術奨励賞受賞 2021年11月02日
  • 国がんら,8K遠隔腹腔鏡手術の有用性を確認 2021年11月02日