リコー,24時間連続使用可能な全天球カメラを発売

リコーは,24時間連続で360°の全天球ライブストリーミングが可能となるカメラ「RICOH R Development Kit」のプレオーダーを2月27日より開始した(ニュースリリース)。出荷は2017年5月頃を予定している。

この製品は,同社独自の全天球映像技術を活用し,2K解像度で30fpsの全天球ライブストリーミングを可能にする。全天球映像の標準フォーマットであるEquirectangular Projection Formatへの合成は,カメラ内でリアルタイムに行なわれる。

映像はHDMI®またはUSBにより出力され,ACアダプターを使用し24時間の連続稼動が可能。薄型・軽量ボディでありながらマイクロSDカードへの映像記録も可能。また,カメラをUSB経由でコントロールするためのAPIを公開し,パソコン向けの映像コントロールツール「RICOH Rコンソール」のソースコードはGitHubを通じて公開する。

これにより,エンターテインメント以外にもテレイグジスタンス技術やコンピュータービジョンの分野など幅広く活用できるという。

その他関連ニュース

  • 浜ホト,科学計測用カメラを開発 2021年05月18日
  • オリンパス,顕微鏡用デジタルカメラを発売 2021年04月27日
  • アバールデータ,ハイパースペクトルカメラを発売 2021年04月19日
  • 神戸大ら,全天球カメラでクジラの行動を観察 2021年03月15日
  • オムニビジョン,医療用超小型カメラの画質を改善 2020年12月22日
  • 富士フイルム,4億画素画像を忠実な色で撮影・生成 2020年12月01日
  • ノビテック,4Mハイスピードカメラを発売 2020年10月06日
  • 群大ら,ピントが異なる複数画像を同時に撮影 2020年08月07日