日立GEら,原発調査用新型ロボットを完成

日立GEニュークリア・エナジーと国際廃炉研究開発機構(IRID)は,東京電力福島第一原子力発電所の廃止措置に向け,原子炉格納容器(PCV)内を調査するため、新たに3次元的計測が可能な線量計や水中カメラを搭載した調査用ロボット「PMORPH(ピーモルフ)」を開発した(ニュースリリース)。

福島第一原子力発電所1号機では,2016年度中に,燃料が溶け落ちていると見られるPCV内部の地下階調査(B2調査)が計画されており,PCV地下階のどのあたりに燃料デブリが多いかなどの地下階の状態を把握し,今後の燃料デブリ取り出しに向けた情報を収集することが求められている。

両者は2015年4月,遠隔操作で形状を屈曲させることのできる調査ロボット「形状変化型ロボット」を,直径10cm程度の狭いパイプを通し,障害物をよけながらPCV内に投入し,1階PCV内部調査(B1調査)を行なった。今回,B2調査に向け,さらに地下階部分を調査するための機能を追加搭載したロボットの開発を進めてきた。

今回開発した「PMORPH(ピーモルフ)」は,新たに線量の3次元的計測や水中カメラによる撮影ができる機能を搭載している。具体的には,カメラによる目視と線量計による測定の両方で燃料デブリの広がり状態を判別するため,耐放射線性が高いカメラとLED,線量計を一体にしたセンサユニットを用いて地下の計測する。

調査装置には,グレーチング上の走行,センサーユニットの昇降に用いるためのカメラと合わせ,合計5台のカメラのほか,センサーユニットを繰返し昇降させるためのウインチを搭載している。

このロボットの「PMORPH(ピーモルフ)」という名は,「PCV」と昆虫の形態変化を意味する「Metamorphose(メタモルフォーゼ)」を合わせた造語で,このロボットの機能を示している。今回の調査ではPCV内部の構造物を避けるように形状を変化させながら1階グレーチングを走行し,5カ所のポイントで水中の燃料デブリの広がり状況を調べる予定。

日立GEとIRIDでは,PCV内部を模擬した試験体を用いてロボットの操作や動作確認を行ない,2016年度中に計画されている福島第一原子力発電所1号機での現場調査の成功に向け,取り組みを進めていく。

その他関連ニュース

  • 三菱重工ら,無人化物流ソリューションを製品化 2022年01月25日
  • 北大,光で泳ぐ分子ロボットを創出 2021年11月29日
  • NICTら,ミリ波で映像伝送する見廻りロボを開発 2021年06月09日
  • 原研,LiDARとカメラ等で原発の3Dマップを作成 2021年05月17日
  • JAISTら,人工筋肉を光照射で自在に作製 2021年04月20日
  • パナ,公道で自動運転ロボによる配送実験を開始 2021年03月04日
  • 佐賀大ら,カメラで追従する農業用搬送ロボを開発 2020年11月10日
  • パナ,レーザーSLAM搭載のロボット掃除機を発売 2020年09月30日