阪大,次世代パワー半導体の配線技術を開発

大阪大学の研究グループは,独自開発の銀粒子焼結により,次世代パワーエレクトロニクスの高性能3D配線を低コストに実現する技術を開発しまた(ニュースリリース)。

銀粒子焼結技術は同大が開発した技術だが,200℃程度の低温(他の金属粒子は融点の9割程度で焼結する,銀の融点は 962℃)で銀粒子焼結が形成されるメカニズムはこれまで不明だった。

今回,銀粒子が低温で焼結になるメカニズムが『ナノ噴火現象』であることを解明し,200℃程度で大気中の酸素と反応しながらAg-O液体噴火することで金属焼結が進むことを示した。これは,銀のみで生じる現象で,金や銅などの他の金属では不可能。銀は,金属の中で最も電気伝導と熱伝導が良く,ダイアタッチや配線材料として適している。

今回,研究グループは,基板に実装されたSiCダイの表面に,凹凸に応じた3D配線を安価な印刷により形成し,250℃の低温で大気中無加圧で焼成することで5×10-6Ω・cmの低抵抗を実現した。

これにより,従来のワイヤボンドのようにSiCダイに負荷を掛けることなく低抵抗配線が形成でき,さらに低ノイズ化が安価に実現し,次世代ワイドバンドギャップ・パワー半導体の実用化に拍車が掛かるとしている。

その他関連ニュース

  • 北大,水と光で作製した半導体界面の電子構造解明 2022年01月14日
  • SCREEN,次世代パターン用直接描画装置を開発 2022年01月13日
  • 2021年半導体製造装置市場,史上初の1000億ドル超 2021年12月14日
  • 日立ハイテク,EUV向け電子線検査システムを開発 2021年12月14日
  • 産総研,GaN/SiCハイブリッドトランジスタを作製
    産総研,GaN/SiCハイブリッドトランジスタを作製 2021年12月13日
  • 神大ら,SiC中の高密度窒素層のふるまいを予測 2021年12月02日
  • 立命大,SiCの高効率研磨技術を開発 2021年12月01日
  • 2022年,半導体デバイス世界市場50兆5,296億円 2021年11月29日