NAIST中嶋准教授,APA Prize for Young Scientistsを受賞

2016年12月4日~8日,シンガポールの南洋理工大で開催された2016年アジア光化学会議にて,奈良先端科学技術大学院大学 光情報分子科学研究室の中嶋琢也准教授が,APA Prize for Young Scientistsを受賞した(ニュースリリース)。

同賞は光化学分野の発展に貢献した40歳未満の研究者に対し,アジアオセアニア光化学協会から授与されるもの。

受賞の対象となった論文タイトルは「Hierarchical structural control of photo-functional materials for emerging properties」。

これは,分子~分子集合形~半導体量子ドットなど幅広い材料系を対象として,その階層的組織構造を制御し,光学的機能の創出を目指した研究。

一例として,不斉構造を有するキラル色素から得られる円偏光発光特性について,色素の分子レベルにおける構造~集合構造の階層構造に応じた特性評価を行なうとともに,長年取り組んできた光スイッチング分子の特性を組み入れることで,光外部刺激に応じて,会合構造と円偏光発光特性を可逆制御する分子システムを構築した。

その他関連ニュース

  • クラリベイト,有機ELデバイスで2人の受賞を発表 2024年05月22日
  • 茨城大ら,円偏光を発光するキラルな亜鉛錯体を開発 2024年05月17日
  • 出光興産舟橋氏,有機EL青色材料で紫綬褒章を受章 2024年05月08日
  • 立命大ら,反芳香族分子からなる液晶材料を創製 2024年05月07日
  • 立命大ら,光強度に比例し着色効率が増す分子を開発 2024年05月07日
  • 岡山大,青色LEDを光源とした有機光触媒を開発 2024年04月26日
  • 名大,分子構造ジェネレータで近赤外蛍光分子を開発 2024年04月25日
  • 東工大ら,優れた円偏光発光特性のらせん状分子合成 2024年04月22日