NICTら,世界最速の長距離データ転送に成功

情報通信研究機構(NICT)と情報・システム研究機構 国立情報学研究所(NII)は,NIIが開発したファイル転送プロトコル「MMCFTP」(Massively Multi-Connection File Transfer Protocol)を用いた日本ー米国間のデータ転送実験を行ない,転送速度約150Gb/sで1~10TBのデータを安定的に転送することに成功した(ニュースリリース)。

素粒子物理学,核融合学,天文学などの先端科学技術分野では,国際協力によって構築された巨大な実験装置などで得られた大量の実験データが参加各国に転送されて分析されている。このため,100Gb/s級の超高速ネットワークの整備が進められており,日本でもSINET5が国内全都道府県,および,米国との間を100Gb/sで結んでいる。

こうしてネットワークが高速化する一方,転送プロトコルの制約から長距離通信時の転送速度が上がらないことが課題になっており,NIIではこうした課題解決に向けて「MMCFTP」を開発した。

今回,11月13日~18日に米ソルトレイク・シティで開催された国際会議「SC16」で米国から日本に向けてデータを転送する形で実験を行なった。1TBを転送した時の実質転送速度(グッドプット)は137.2Gb/s(転送時間58秒)~143.1Gb/s(転送時間55秒),10TB時は148.7Gb/s(転送時間8分58秒)だった。

1TBは一般的な25GBのブルーレイディスクで40枚分,地上波デジタル放送の動画に換算すると約120時間分に当たり,この大容量データを1分未満で転送したことになる。

日米間の往復遅延時間は,シアトル経由で115ミリ秒,ロサンゼルス経由で113ミリ秒だった。これは,転送速度84Gb/sを記録した昨年の国内実験での25.7ミリ秒に比べて4倍以上だった。従来の転送プロトコルでは,遅延時間が4倍になると転送速度は4分の1になるが,MMCFTPは往復遅延時間の大きさに応じてTCPコネクションの数を自動調整するため,こうした問題は発生しない。実験は「メモリーtoメモリー」と呼ばれる条件で実施した。

10TB転送時の実質転送速度は148.7Gb/s(転送時間8分58秒)で,トラフィックはシアトル経由とロサンゼルス経由の2経路に,ほぼ均等に分散された。これは,両経路間で往復遅延時間・回線品質共に大きな差がなかったため。

今回の実験は,NICTが運用する研究開発テストベッドネットワーク「JGN」の実験回線環境を,米ソルトレイク・シティのSC16の会場内に設けられたNICTブースまで伸長した。NIIが構築・運用する日本の学術情報ネットワーク「SINET5」が今年4月から日米間で運用を開始した100Gb/s回線など独立した2本の100Gb/s回線(合計200Gb/s)を使用し,両実験回線は共に日本国内からSC16会場内のNICTブースまで,太平洋区間,米国内,会場内を経由した。

その他関連ニュース

  • 慶大,POFで53Gb/sエラーフリー伝送に成功 2021年09月27日
  • 香川大ら,6G用光ネットワーク技術の開発に着手 2021年09月07日
  • 横河計測,光スペクトラムアナライザを発売 2021年08月30日
  • santecら,Beyond 5G促進事業委託研究に採択 2021年08月04日
  • 古河電工,6912心光ケーブルと多心融着接続機開発 2021年08月04日
  • KDDI研,入力した光信号のSN比を9倍向上 2021年07月27日
  • NICTら,ミリ波無線を簡素化する光・無線技術開発 2021年07月15日
  • PETRA,IC・ファイバー間の3次元光配線を開発 2021年07月05日