ショット,フレキブルな高強度薄板ガラスを発売

独ショットは,優れた滑らかさを持ち,環境にやさしい高強度薄板ガラス「SCHOTT AS 87 eco(ショット AS 87 エコ)」の販売を全世界で開始する(ニュースリリース)。

新製品のガラスは,合成樹脂のような柔軟性に加え,ガラスの持つ堅牢性,耐久性と美しさを備えている。厚み交差は10㎛以下と厳しく,指紋センサー用カバーガラスに適している。さらに,1MHzでの誘電率が7.7と優れているため,指紋センサーの性能向上にも貢献するとしている。

3点曲げ試験では曲げ半径6㎜を測定し,折り曲げ可能なスマートフォンやウェアラブルデバイスなど,今後,開発が期待されているフレキシブルデバイスの設計を可能にするという。

超薄板ガラスは通常,非常に有害な薬品であるフッ化水素酸を用いた化学エッチング技術によって製造されるが,同社はガラスを薄くする際に有害物質を使わない独自のダウンドロー法によって,溶融したガラスをノズルから引き出すことで直接70~350㎛厚の超薄板ガラスを作ることを可能にした。

アジアの民生用電子機器市場では指紋センサーの需要が高まっており,指紋センサーを保護するソリューションのニーズも拡大している。この製品は,EUのRoHS指令(有害物質に関する制限)とREACH規則(新化学品規制)に準拠している。また,この製品の導入を検討する顧客には技術サポートも提供するとしている。

その他関連ニュース

  • 東大ら,高性能な液晶性有機半導体を開発 2021年12月24日
  • 筑波大ら,フィルム上に高性能半導体薄膜を合成 2021年12月23日
  • 理研ら,接着剤不要の超柔軟導電接合技術を開発 2021年12月23日
  • 慶大ら,高周波動作フレキシブルデバイスを開発 2021年12月10日
  • 阪大,どこにでも貼れる機能性酸化物薄膜を開発 2021年12月10日
  • 東大ら,ガラスを安定化する新たな方法を発見 2021年11月18日
  • 東大,実用的な塗布型TFTの構築に成功 2021年10月13日
  • CROSSら,人工ガラス膜境界面の接合性を解明 2021年09月22日