森林総研,害虫が食べた木屑を光らせて種を同定

森林総合研究所(森林総研)は特定のDNAを検出する試薬によって,害虫が残した痕跡から種を同定する手法を開発した(ニュースリリース)。

この手法ではDNAバーコーディングとLAMP法と呼ばれる手法を組み合わせることで,短時間で正確な害虫の同定ができる。

この方法を使えば,昆虫から直接DNAを抽出したものだけでなく,その痕跡である「フラス」と呼ばれる食べかすや糞の混合物から抽出したものでも,木材の奥深く潜っている虫体を捕獲せずに種を同定することができ,検査のために家具や建材を傷つけることもない。

実際,耳かき1杯程度のフラスで,ヒラタキクイムシが同定できた。この方法は光で種を知らせてくれるため,専門家でなくとも正確に同定することができる。

この手法は,DNAバーコーディングが可能なすべての穿孔性害虫に利用することができるため,日本未侵入の害虫に対してあらかじめ検出キットを用意しておくことも可能だとしている。

関連記事「農研機構,「光を利用した害虫防除のための手引き」を公開」「東北大,青色光で虫が死ぬことを発見

その他関連ニュース

  • 東工大,光酸化でDNA上の活性酸素の拡散を追跡 2023年02月06日
  • 阪大,青色レーザーによる害虫撃墜技術を開発 2023年01月19日
  • NTT東ら,紫外線による害虫駆除の実証実験を開始 2022年10月26日
  • 名大ら,紫外線などDNA損傷を乗り越える経路解明 2022年08月23日
  • 阪大,光反応する転写因子の1分子構造動態を計測 2022年08月09日
  • 理研ら,ヒストンH3メチル化蛍光プローブを開発 2022年06月21日
  • 北大,大型のガを優先捕獲する光トラップを開発 2022年05月20日
  • 京大ら,DNA光回復酵素のFAD光還元反応を解明 2022年04月28日