三菱電機,「衛星機器生産棟」を建設

三菱電機は,同社鎌倉製作所相模工場(神奈川県相模原市)内に,人工衛星に搭載される太陽電池パネルをはじめとする人工衛星用複合材製品の製造・試験を行なう「衛星機器生産棟」を建設すると発表した(ニュースリリース)。

投資額は約30億円。2017年10月に稼働を開始し,衛星機器の生産能力を最大2倍に増強することで,人工衛星市場においてシェア拡大を目指す。

同社は,人工衛星に搭載される太陽電池パネルをはじめとする人工衛星用複合材製品を鎌倉製作所相模工場で生産し,自社の衛星に搭載するほか海外衛星メーカーにも供給するなど,人工衛星関連事業を国内外で展開している。

今回,同工場に「衛星機器生産棟」を建設し,大型精密機械加工機や自動溶接機などの生産設備を導入して生産能力を従来比最大2倍に増強する。

工場内に点在していた製造・試験エリアの集約により,部品の製造から各種パネルの製造・試験までを一貫して行なうとともに,ITを利用した生産性改善に取り組み,工期短縮・コスト低減・品質向上を図る。

今回の投資により,国内外の人工衛星市場への対応力を強化し,人工衛星関連事業の拡大を目指すとしている。

その他関連ニュース

  • 宇宙戦略基金,衛星ライダーなどの技術テーマ決定 2024年05月15日
  • NAOJら,新星がリンの主な供給源と光学観測で解明
    NAOJら,新星がリンの主な供給源と光学観測で解明 2024年05月13日
  • NHKとJAXA,火星探査機用8Kカメラを完成 2024年05月09日
  • ワープスペース,JAXAの高感度光センサーを開発 2024年05月07日
  • NICTら,ISS-地上間で秘密鍵共有と高秘匿通信に成功 2024年04月18日
  • 名大ら,太陽フレア観測用高解像度X線望遠鏡を製作 2024年04月11日
  • 近大ら,海王星の新たな衛星を2つ発見 2024年03月26日
  • 東大,ブラックホール質量増加率が低いことを解明 2024年03月12日