PR

従来のレンズ設計概念を破る – 新機軸の非球面アクロマティックレンズ

アクロマティックレンズは,最も一般的に用いられる光学部品の一つ。このレンズは色収差を補正して,少なくとも二つの光の波長を同一焦点上に結ばせるために,歴史的に2枚のレンズ素子を接着固定する構成をとってきた。単一材料の非球面 […]

赤外線放射カメラは安価なハンディタイプの登場によってその応用が大きく広がっています。一方で,得られるのは表面温度ではなく放射温度で,大気補正も必要となります。ここでは赤外線カメラを上手に使うための知識を学べます。

全12件中 11〜12件目を表示

放射の基礎

放射の基礎

放送大学 梅干野晁 東京工業大学 押尾晴樹 1. はじめに 第1回で何度も繰り返し述べたように,赤外線放射カメラで計測しているのは,対象面の表面温度ではなく放射温度である。表面温度を知りたい場合には対象面の放射率の影響を […]
赤外線計測で何が見えるか

赤外線計測で何が見えるか

放送大学 梅干野晁 東京工業大学 押尾晴樹 1. はじめに 赤外線放射カメラによって,ハンディで誰でも簡単に放射温度の空間情報を画像として取得できるようになり,従来から用いられてきた医療や工業計測だけでなく,環境計測にお […]
2 / 212