注目を浴びる水中光無線通信技術

水中光通信に係わる研究開発が再び活発化しているようです。再び,と書いたのは,レーザーが発明されて間もない頃から,レーザー光の水中伝搬実験が始められていたからです。筆者がかって勤めていたNICT(当時の通総研)の前身である電波研でも,50年近く前,活発に(あるいは地道に)光の水中伝搬を研究していた時期があったようです。

大きな水槽中にアルゴンレーザー光を通し,光波の減衰や散乱が測定されていました。その後,水中での光通信研究は次第に下火になったようで,水中通信は,超音波や有線を用いるものが中心となりました。

最近では,海底探査などの実用場面には,専ら光ファイバーが利用されているようです。水中での高品質で安定した通信リンクの確保に光ファイバーの活用は強力です。ただ有線ですので,どうしても利便性や柔軟性に欠けるので,水中無線通信技術の確立は重要課題です。

この続きをお読みになりたい方は
読者の方はログインしてください。読者でない方はこちらのフォームから登録を行ってください。

ログインフォーム
 ログイン状態を保持する  
新規読者登録フォーム

同じカテゴリの連載記事

  • 課題山積,2021 年 井筒雅之 2021年01月01日
  • まずは地熱発電から 井筒雅之 2020年12月01日
  • 日本の学術の未来を憂う 井筒雅之 2020年11月09日
  • 気象観測にもっと光技術を 井筒雅之 2020年10月02日
  • 5Gの普及と光アクセス網の整備 井筒雅之 2020年09月01日
  • 情報通信を支えるオプトエレクトロニクスの役割は重要 井筒雅之 2020年08月02日
  • 活況を呈す,紫外線光源・システム 井筒雅之 2020年07月07日
  • 五感を呼び覚ます技術がアフターコロナでは重要 井筒雅之 2020年07月07日