裾野の広い研究費配分に期待

このところ新聞紙上などで,量子技術関連のニュースが再び目に付き始めました。秋には本格化する来年度予算編成に向けて,審議会報告が出たり,関係の方々が観測気球を上げておられるのではと思いますが,とにかくわが国でも,量子技術に係る研究開発に本格的に取り組むべく,新たな施策方針を策定したり,研究拠点を数ヶ所設置したりなどの準備が進められているようです。

ちょっと古めですが,Optics & Photonics News,Feb.2018に,2015年に世界各国が量子技術に投入した非機密的研究資金,総額15億ユーロ(約1,900億円)の国別内訳(マッキンゼーによる推計)が示されています。

それによると,EU全体;5.5億ユーロ(内,ドイツ;1.2億ユーロ),米国;3.6億ユーロ,中国;2.2億ユーロなどとなっているのに対して,わが国は0.63億ユーロ(~80億円),英国,カナダ,オーストラリア,スイスなどより少なくなっています。

この続きをお読みになりたい方は
読者の方はログインしてください。読者でない方はこちらのフォームから登録を行ってください。

ログインフォーム
 ログイン状態を保持する  
新規読者登録フォーム

同じカテゴリの連載記事

  • 課題山積,2021 年 井筒雅之 2021年01月01日
  • まずは地熱発電から 井筒雅之 2020年12月01日
  • 日本の学術の未来を憂う 井筒雅之 2020年11月09日
  • 気象観測にもっと光技術を 井筒雅之 2020年10月02日
  • 5Gの普及と光アクセス網の整備 井筒雅之 2020年09月01日
  • 情報通信を支えるオプトエレクトロニクスの役割は重要 井筒雅之 2020年08月02日
  • 活況を呈す,紫外線光源・システム 井筒雅之 2020年07月07日
  • 五感を呼び覚ます技術がアフターコロナでは重要 井筒雅之 2020年07月07日