5Gで変わる光通信

我が国も目出たく改元を迎えましたので,まずは景気の良い話題から入りたいと思います。

モルダ研究所(Mordor Intelligence)のレポートによると,米中覇権争いの激化や,混沌とした欧州情勢などにも拘わらず,今後,フォトニクス関連世界市場は順調な成長が見込まれ,市場規模は,2018年の6370億ドルから,2024年,1兆13億ドルと,年平均成長率(CAGR)7.89%で拡大するとの予測です。

中でも,北米での需要拡大とアジア太平洋地域で特に高い成長が見込まれるとのことで,他方でまた,例えばデータ通信分野でシリコンフォトニクスの重要性が顕著となり,100Gシリコンフォトニックトランシーバの市場は,2018年の5億ドル程度から年率30%で増大し,2025年には32億ドル程度に達するとしています。

この続きをお読みになりたい方は
読者の方はログインしてください。読者でない方はこちらのフォームから登録を行ってください。

ログインフォーム
 ログイン状態を保持する  
新規読者登録フォーム

同じカテゴリの連載記事

  • 課題山積,2021 年 井筒雅之 2021年01月01日
  • まずは地熱発電から 井筒雅之 2020年12月01日
  • 日本の学術の未来を憂う 井筒雅之 2020年11月09日
  • 気象観測にもっと光技術を 井筒雅之 2020年10月02日
  • 5Gの普及と光アクセス網の整備 井筒雅之 2020年09月01日
  • 情報通信を支えるオプトエレクトロニクスの役割は重要 井筒雅之 2020年08月02日
  • 活況を呈す,紫外線光源・システム 井筒雅之 2020年07月07日
  • 五感を呼び覚ます技術がアフターコロナでは重要 井筒雅之 2020年07月07日