センサー時代の幕開け!

半年ほど前ですが,最近の大雨で氾濫し被害を出した川に増水を検知するためのセンサが取り付けられた,との報道がありました。橋の脇に超音波センサを設置し水面の高さを監視するものです。夜間の店舗とか駐車場などほとんど動くものがない中で何か動くものを見つけるのに画像センサが用いられる様ですが,川の流れなど自然の風景の中で生じる景色の変化を即座に見つけるのに,画像認識技術は経費や信頼性などの点でまだ十分対応できないのかもと思いました。技術がもっと進歩すればきっと画像による監視に置き換わるのでしょう。もっとも,もう10年近く前ですが,土石流の発生を検知するのに川の上流で両岸にワイヤーを渡し,ワイヤーが切れると電気信号がふもとに伝わって警報が鳴る,とのシステムが紹介されていました。それに比べればかなりの進歩です。

この続きをお読みになりたい方は
読者の方はログインしてください。読者でない方はこちらのフォームから登録を行ってください。

ログインフォーム
 ログイン状態を保持する  
新規読者登録フォーム

同じカテゴリの連載記事

  • 格差と分断 井筒雅之 2021年02月05日
  • 課題山積,2021 年 井筒雅之 2021年01月01日
  • まずは地熱発電から 井筒雅之 2020年12月01日
  • 日本の学術の未来を憂う 井筒雅之 2020年11月09日
  • 気象観測にもっと光技術を 井筒雅之 2020年10月02日
  • 5Gの普及と光アクセス網の整備 井筒雅之 2020年09月01日
  • 情報通信を支えるオプトエレクトロニクスの役割は重要 井筒雅之 2020年08月02日
  • 活況を呈す,紫外線光源・システム 井筒雅之 2020年07月07日