目的と手段の逆転

(フレームワーク)

フレームワークの条件:MECE
フレームワークの条件:MECE

事業戦略を作成する作業では,よくフレームワークが使われます。古典的で著名なフレームワークはいろいろありますが,例えば3Cもそうです。Customer(顧客)・Competitor(競合)・Company(自社)の3つの視点で戦略を検討します。

この3Cをフレームワークと呼ぶのは,この視点が,お互いに独立で集合として余りがない分類を実現しているからです。重なりがなく,漏れも無いという意味の英語「Mutually Exclusive Collectively Exhaustive」からMECEと表記され,ミーシーと発音します。

この続きをお読みになりたい方は
読者の方はログインしてください。読者でない方はこちらのフォームから登録を行ってください。

ログインフォーム
 ログイン状態を保持する  

    新規読者登録フォーム

    同じカテゴリの連載記事

    • 分かり易いのが良い予測です
      分かり易いのが良い予測です 池澤 直樹 2021年07月30日
    • 色々なコミットメント 池澤 直樹 2021年07月15日
    • 司会業・仲裁業・発掘業 池澤 直樹 2021年06月30日
    • モノゴトの多重利用 池澤 直樹 2021年06月15日
    • 経営指標への期待 池澤 直樹 2021年05月27日
    • 予測稼業も揮発する
      予測稼業も揮発する 池澤 直樹 2021年05月17日
    • オプトエレクトロニクスの新景観
      オプトエレクトロニクスの新景観 池澤 直樹 2021年04月30日
    • ブルー・オーシャン
      ブルー・オーシャン 池澤 直樹 2021年04月15日