1980年前後のワイガヤ

(光大プロの頃)

ワイガヤの図
ワイガヤの図

1980年、光産業の総合的な育成と振興を目的として(財)光産業技術振興協会が設立され、オプトエレクトロニクス産業は従来の光学産業や電子産業と同様に1つの産業として誕生しました。

しかし、関連する技術についてはその1年前から「光応用計測制御システム」通称「光大プロ」が開始されていました。このプロジェクトからは数々の成果が得られ、それらの成果はその後のオプトエレクトロニクス産業の成長に寄与しました。

この続きをお読みになりたい方は
読者の方はログインしてください。読者でない方はこちらのフォームから登録を行ってください。

ログインフォーム
 ログイン状態を保持する  

    新規読者登録フォーム

    同じカテゴリの連載記事

    • ブルー・オーシャン
      ブルー・オーシャン 池澤 直樹 2021年04月15日
    • オプトエレクトロニクスの新チャンピオン 池澤 直樹 2021年03月30日
    • 仲間の得意は自分の得意
      仲間の得意は自分の得意 池澤 直樹 2021年03月15日
    • 医光連携
      医光連携 池澤 直樹 2021年03月02日
    • トラブルのモデル 池澤 直樹 2021年02月15日
    • 哲学的な手工業  2021年02月01日
    • バリアフリーのオプトエレクトロニクス 2021年01月15日
    • 分かるけど腑に落ちない
      分かるけど腑に落ちない 2021年01月05日