印刷技術を用いたナノフォトニクスデバイス作製と高感度バイオセンサ開発

5. おわりに

本稿では,筆者らがこれまでに開発を進めてきたNILという転写・印刷技術を用いたナノフォトニクスデバイス作製とバイオセンサ開発,我々の生活環境に溶け込んだバイオセンサ開発について概説してきた。

概説してきたバイオセンサ開発の他に現在筆者らはPhCの設計についても注力しており,細胞代謝産物の検出やエピゲノム解析といった応用を可視領域の光を用いて実現するためのバイオセンサを,NILを用いて作製しており,①誰もが,②安価に,③簡単に,使用できるデバイスとなるように応用展開を進めている。

しかし,NILを用いたナノフォトニクスデバイス作製には,鋳型作製が最も重要な課題となる。鋳型作製精度・アスペクト比・コストなどについてこれからも改善が必要な課題は多々あるため,今後はこちらについても改善を進めていくことを計画している。

謝辞

本研究の成果は,科学研究費助成事業,科学技術振興機構A-STEP,さきがけ,日本医療研究開発機構 医療分野研究成果展開事業(先端計測分析技術・機器開発プログラム)の助成を受けたものである。ここに謝意を表する。

参考文献
1)P. Mehrotra, J. Oral. Biol. Craniofac. Res., 6 (2), 2016, 153-159.
2)S.K. Metkar, K. Girigoswami, Biocatal. Agric. Biotechnol., 17, 2019, 271-283.
3)M. S. Rider, S. J. Palmer, S. R. Pocock1, X. Xiao, P. Arroyo Huidobro, V. Giannini, J. Appl. Phys., 125, 2019, 120901.
4)E. Petryayeva, U. J. Krull, Anal. Chim. Acta, 706 (1), 2011, 8-24.
5)H. Schift, Appl. Phys. A, 121, 2015, 415-435.
6)T. Endo, S. Ozawa, N. Okuda, Y. Yanagida, S. Tanaka, T. Hatsuzawa, Sens. Actuators B Chem., 148 (1), 2010, 269-276.
7)T. Endo, M. Sato, H. Kajita, N. Okuda, S. Tanaka, H. Hisamoto, Lab Chip, 12 (11), 2012, 1995-1999.
8)W. Hashimoto, T. Endo, K. Sueyoshi, H. Hisamoto, Chem. Lett., 43 (11), 2014, 1728-1730.
9)D. Kawasaki, H. Yamada, K. Maeno, K. Sueyoshi, H. Hisamoto, T. Endo, ACS Appl. Nano Mater., 2 (8), 2019, 4983-4990.
10)T. Endo, H. Kajita, Y. Kawaguchi, T. Kosaka, T. Himi, Biotechnol. J., 11 (6), 2016, 831-837.

■Development of highly sensitive biosensor using nanophotonics device based on printing techniques
■Tatsuro Endo

■Associate Professor, Department of Applied Chemistry, Graduate School of Engineering, Osaka Prefecture University

エンドウ タツロウ
所属:大阪府立大学 大学院工学研究科 物質・化学系専攻

(月刊OPTRONICS 2020年9月号)

このコーナーの研究は技術移転を目指すものが中心で,実用化に向けた共同研究パートナーを求めています。掲載した研究に興味があり,執筆者とコンタクトを希望される方は編集部までご連絡ください。 また,このコーナーへの掲載を希望する研究をお持ちの若手研究者注)も随時募集しております。こちらもご連絡をお待ちしております。
月刊OPTRONICS編集部メールアドレス:editor@optronics.co.jp
注)若手研究者とは概ね40歳くらいまでを想定していますが,まずはお問い合わせください。

同じカテゴリの連載記事

  • 組織深部を可視化する腹腔鏡用近赤外分光イメージングデバイスの開発 (国研)産業技術総合研究所 髙松利寛 2024年06月10日
  • 8の字型構造の活用による高効率円偏光発光を示す第3世代有機EL材料の開発 名古屋大学 福井識人 2024年05月07日
  • 高出力半導体テラヘルツ信号源とその応用 東京工業大学 鈴木左文 2024年04月09日
  • 半導体量子ドット薄膜により光増感した伝搬型表面プラズモンの高精度イメージング 大阪公立大学 渋田昌弘 2024年03月06日
  • 大気環境情報のレーザーセンシング技術 (国研)情報通信研究機構 青木 誠,岩井宏徳 2024年02月12日
  • 光の波長情報を検出可能なフィルタフリー波長センサの開発 豊橋技術科学大学 崔 容俊,澤田和明 2024年01月15日
  • 熱延伸技術による多機能ファイバーセンサーの新次元:生体システム解明へのアプローチ 東北大学 郭 媛元 2023年12月07日
  • 非破壊細胞診断のための新ペイント式ラマン顕微システム (国研)産業技術総合研究所 赤木祐香 2023年11月14日