近赤外光を活用できる有機金属錯体の合成技術

1. はじめに

太陽光は無尽蔵かつクリーンなエネルギー源であることから,再生可能エネルギーとしての活用をはじめ,幅広い基盤技術において必須である。光材料科学の観点からは,どの波長域の光を用いるかが重要となる。中でも可視光(400〜700 nm程度)を強く吸収する材料はヒトの目に鮮やかな色として映ることもあり,非常に古くから研究がされてきた。一方,近赤外光(特に700〜1000 nmの波長域)は太陽光エネルギーのほぼ半数を占め,かつ自然界のほとんどの物質と相互作用しないため,この領域を活用できる材料は,太陽エネルギーをより有効に活用でき,かつ感度や安全面でも優れていると考えられる。しかし,その特性上近赤外光はヒトの目で知覚できず,研究の注目度という意味でも可視光ほど注目されてこなかった。

この続きをお読みになりたい方は
読者の方はログインしてください。読者でない方はこちらのフォームから登録を行ってください。

ログインフォーム
 ログイン状態を保持する  

    新規読者登録フォーム

    同じカテゴリの連載記事

    • 水分解用タンデムセルの構築を志向した半導体光触媒粉末から成る半透明光アノードの創製 信州大学 影島 洋介 2021年09月07日
    • 空間構造を持つ光により実現する高速な3次元蛍光イメージング 東北大学 小澤 祐市 2021年07月07日
    • 目には見えない円偏光を高感度に検出するフォトダイオードの開発 帝京科学大学 石井 あゆみ 2021年06月22日
    • 計測分野へ向けた高精度な距離・形状測定を実現するTOF距離イメージセンサ 静岡大学 安富 啓太 2021年05月27日
    • 化学気相成長による軽元素系無機蛍光体の薄膜プロセス (国研)産業技術総合研究所 且井 宏和 2021年04月15日
    • 金属微細構造作製技術とプラズモニクス応用 静岡大学 小野 篤史 2021年03月10日
    • Mie共鳴により発色するナノ粒子カラーインクの創製 神戸大学 杉本 泰 2021年02月03日
    • テラヘルツドップラ測定に基づく非接触心拍計測の試み 慶應義塾大学 門内 靖明 2021年01月01日