バンドギャップ(BG)制御されたグラファイト状窒化炭素の新規合成法の開拓~BG=2.7–0 eVの自在制御への挑戦~

1. はじめに

現在,エネルギー消費は増加の一途をたどり,温室効果ガスの放出も増加している1, 2)。脱化石燃料が唱えられる中,新たなエネルギー生産サイクルの確立に向けて基礎から応用まで広く研究が進んでいる。光エネルギーや電気エネルギーを用いたエネルギー変換システム,特に水や二酸化炭素,酸素などの低分子の改質反応は,燃料電池や金属−空気電池の要素反応であり,広く研究が進んでいる。これら反応の促進には,触媒が不可欠である。金属酸化物や金属錯体が,触媒として広く用いられているが,触媒の価格や安定性などの点で応用に向けて課題が残る。

図1 g-C3N4とグラフェンの構造と組成による物性変化
図1 g-C3N4とグラフェンの構造と組成による物性変化

著者は,グラフェンやグラファイト状窒化炭素(g-C3N4)など金属フリー材料を主とした光/電気化学触媒の開発/機能改質に注目した。グラフェンは導電性材料であり,その構造の一部に他元素をドープすることや他金属材料との複合化による触媒開発が進んでいる3, 4)一方,g-C3N4は,トリス-s-トリアジン骨格を基本骨格とするグラファイトに類似した2次元シート状分子である(図15)。バンドギャップが2.7 eVのn型半導体と知られ,光応答水分解触媒としての応用が期待されている。グラフェンへの窒素ドープ,または,g-C3N4への炭素ドープによって,CN系材料のバンドギャップを制御し,光触媒から電気化学触媒まで幅広い触媒開発が期待できる。安定なグラファイトへの他元素ドープは,特殊な工程が必要であるが,熱重合によって得られるg-C3N4への他元素ドープは容易に可能である。

ここではg-C3N4とグラフェンの中間領域にある炭素ドープg-C3N4について深い知見を得ることを目的とした。

この続きをお読みになりたい方は
読者の方はログインしてください。読者でない方はこちらのフォームから登録を行ってください。

ログインフォーム
 ログイン状態を保持する  

    新規読者登録フォーム

    同じカテゴリの連載記事

    • 化学気相成長による軽元素系無機蛍光体の薄膜プロセス (国研)産業技術総合研究所 且井 宏和 2021年04月15日
    • 金属微細構造作製技術とプラズモニクス応用 静岡大学 小野 篤史 2021年03月10日
    • Mie共鳴により発色するナノ粒子カラーインクの創製 神戸大学 杉本 泰 2021年02月03日
    • テラヘルツドップラ測定に基づく非接触心拍計測の試み 慶應義塾大学 門内 靖明 2021年01月01日
    • 自然な光を用いる瞬間カラー多重ホログラフィーと蛍光顕微鏡応用 (国研)情報通信研究機構 田原 樹 2020年12月01日
    • 高解像蓄光イメージングを可能にする高輝度長寿命室温りん光分子 電気通信大学 平田 修造 2020年11月09日
    • ガラス構造設計に基づく光機能ガラスの開発 (国研)産業技術総合研究所 篠崎 健二 2020年10月02日
    • 印刷技術を用いたナノフォトニクスデバイス作製と高感度バイオセンサ開発 大阪府立大学 遠藤達郎 2020年09月01日