光デバイスの超高密度実装を可能とするFGHP®テクノロジー

3. おわりに

本稿では,FGHP®テクノロジーの特長や開発経緯などを紹介した。FGHP®は,まずLED照明分野における省エネルギー化において社会へ貢献することができるようになったが,今日半導体分野においてはますます熱問題が深刻化していることから,種々の熱問題をFGHP®テクノロジーによって解決し,さらなる社会貢献の実現にむけて研究開発を進めていく所存である。

参考文献
1)K. Mizuta et al., Applied Thermal Engineering, 104 (2016) 461-471
2)K. Mizuta et al., Applied Thermal Engineering, 146 (2019) 843-853
3)K. Mizuta et al., Physics Procedia, 69 (2015) 556-563
4)NEDOプレスリリース「高輝度・小型LED水中照明を開発」 
URL: https://www.nedo.go.jp/news/press/AA5_100174.html
5)NEDOプレスリリース「超高輝度・大光量の省エネ型LED照明を開発」 
URL: https://www.nedo.go.jp/news/press/AA5_100320.html

6)「平成29年度 省エネ大賞」製品・ビジネスモデル部門 受賞概要集
URL: https://www.eccj.or.jp/bigaward/pdf/winning-summary17.pdf

■FGHP® technology enables high-density mounting of optoelectronic devices
■Kei Mizuta

■Department of Chemical Engineering, Faculty of Engineering, Kagoshima University

ミズタ ケイ

所属:国立大学法人鹿児島大学 学術研究院理工学域(工学系) 化学生命・化学工学専攻

(月刊OPTRONICS 2019年2月号)

このコーナーの研究は技術移転を目指すものが中心で,実用化に向けた共同研究パートナーを求めています。掲載した研究に興味があり,執筆者とコンタクトを希望される方は編集部までご連絡ください。 また,このコーナーへの掲載を希望する研究をお持ちの若手研究者注)も随時募集しております。こちらもご連絡をお待ちしております。
月刊OPTRONICS編集部メールアドレス:editor@optronics.co.jp
注)若手研究者とは概ね40歳くらいまでを想定していますが,まずはお問い合わせください。

同じカテゴリの連載記事

  • 熱画像解析による土壌有機物量計測技術の開発 大阪工業大学 加賀田翔 2024年07月10日
  • 組織深部を可視化する腹腔鏡用近赤外分光イメージングデバイスの開発 (国研)産業技術総合研究所 髙松利寛 2024年06月10日
  • 8の字型構造の活用による高効率円偏光発光を示す第3世代有機EL材料の開発 名古屋大学 福井識人 2024年05月07日
  • 高出力半導体テラヘルツ信号源とその応用 東京工業大学 鈴木左文 2024年04月09日
  • 半導体量子ドット薄膜により光増感した伝搬型表面プラズモンの高精度イメージング 大阪公立大学 渋田昌弘 2024年03月06日
  • 大気環境情報のレーザーセンシング技術 (国研)情報通信研究機構 青木 誠,岩井宏徳 2024年02月12日
  • 光の波長情報を検出可能なフィルタフリー波長センサの開発 豊橋技術科学大学 崔 容俊,澤田和明 2024年01月15日
  • 熱延伸技術による多機能ファイバーセンサーの新次元:生体システム解明へのアプローチ 東北大学 郭 媛元 2023年12月07日