レーザスキャナ計測による作物の生育診断方法

wakate_1511_11

1. はじめに

コメに対して社会は,高品質,低価格,安全安心を求めており,コメ生産現場では,高品質化に向けて栽培管理の基礎情報として,イネの草丈,茎数,葉色(生育量)を定期的に調査している。この調査(慣行測定)では,ひと株ごとに生育量を手作業で測定している。そのため,水田内全体はもちろん,多数の水田を調査対象とすることが極めて難しい。そこで,調査作業労力低減や能率向上等を目的として,リモートセンシング技術を活用した生育量測定手法が研究されている。

これまで,デジタルカメラに代表される受動型の光学センサを用いた葉色の測定手法が提案されている1, 2)。しかし,測定時の照明条件の影響を低減することは容易でなく,均質な条件下で多数の水田を測定することが難しい。一方,測量分野で普及している能動型の光学センサとしてレーザスキャナ(レンジセンサあるいはLiDAR)がある。レーザスキャナは,受動式の光学センサにくらべ,測定時の照明条件の影響を受けにくい特徴をもつ。また,航空レーザ測量に代表される計測形態で,広範囲の水田を短時間で測定可能である。

ここでは,航空機(あるいは小型無人航空機)レーザスキャナ計測による生育量(草丈,茎数,植被率(茎葉の水平専有面積率))の推定に関する取り組みを紹介する。

※本内容は,「写真測量とリモートセンシング」に掲載された「時系列レーザスキャナ計測による水稲の生育診断の可能性検討」,「応用測量論文」に掲載された「水稲群落上方からのレーザスキャナ計測による生育モニタリングの検討」,「小型・低コストな無人無線航空機ベースのレーザスキャナ計測システムの試作とその性能評価」に基づく。

同じカテゴリの連載記事

  • 組織深部を可視化する腹腔鏡用近赤外分光イメージングデバイスの開発 (国研)産業技術総合研究所 髙松利寛 2024年06月10日
  • 8の字型構造の活用による高効率円偏光発光を示す第3世代有機EL材料の開発 名古屋大学 福井識人 2024年05月07日
  • 高出力半導体テラヘルツ信号源とその応用 東京工業大学 鈴木左文 2024年04月09日
  • 半導体量子ドット薄膜により光増感した伝搬型表面プラズモンの高精度イメージング 大阪公立大学 渋田昌弘 2024年03月06日
  • 大気環境情報のレーザーセンシング技術 (国研)情報通信研究機構 青木 誠,岩井宏徳 2024年02月12日
  • 光の波長情報を検出可能なフィルタフリー波長センサの開発 豊橋技術科学大学 崔 容俊,澤田和明 2024年01月15日
  • 熱延伸技術による多機能ファイバーセンサーの新次元:生体システム解明へのアプローチ 東北大学 郭 媛元 2023年12月07日
  • 非破壊細胞診断のための新ペイント式ラマン顕微システム (国研)産業技術総合研究所 赤木祐香 2023年11月14日