100円ショップの微小光学

(ヒャッキンの新店舗)

産業の成長と輸出入の関係
産業の成長と輸出入の関係

自宅近くのスーパーに新しい100円ショップ,つまりヒャッキンが開店しました。スーパーの2階にいつもとは違う人混みがあり,何だと思い目をやると,混んでいるレジがあり,その向こうに100円ショップが見えました。

ヒャッキンとか100円ショップといった言葉は,私もよく耳にします。しかし,個人的にはこのような店舗に入ることもありませんし,仕事上でも関係したことはありませんのでこの業界についての知見はありません。

例えば,このような店舗が形成している市場がどのような規模で,その成長率や系列ごとのシェアや商品特性,海外進出の状況や国内外での競合状況がどのようになっているかは全く分かりません。しかし,よく見かけます。

その店舗のレジは4名の店員が担当していましたが,長い待ち行列ができていました。買い物かごにたくさん商品を入れている人が多く,中には,かごを2つ持っている人もいました。顔つきもなんだか充実感があふれているというか,そんな感じでした。

この続きをお読みになりたい方は
読者の方はログインしてください。読者でない方はこちらのフォームから登録を行ってください。

ログインフォーム
 ログイン状態を保持する  

    新規読者登録フォーム

    同じカテゴリの連載記事

    • 予測稼業も揮発する
      予測稼業も揮発する 池澤 直樹 2021年05月17日
    • オプトエレクトロニクスの新景観
      オプトエレクトロニクスの新景観 池澤 直樹 2021年04月30日
    • ブルー・オーシャン
      ブルー・オーシャン 池澤 直樹 2021年04月15日
    • オプトエレクトロニクスの新チャンピオン 池澤 直樹 2021年03月30日
    • 仲間の得意は自分の得意
      仲間の得意は自分の得意 池澤 直樹 2021年03月15日
    • 医光連携
      医光連携 池澤 直樹 2021年03月02日
    • トラブルのモデル 池澤 直樹 2021年02月15日
    • 哲学的な手工業  2021年02月01日