三菱,4G~Beyond 5G/6Gまで動作するGaN増幅器

三菱電機は,基地局の無線部共用化と,低消費電力化による省エネに向けて,世界で初めて,1台の増幅器で周波数帯域3,400MHzをカバーするGaN増幅器を開発し,周波数が異なる各通信世代(4G,5G,Beyond 5G/6G)での動作実証に成功した(ニュースリリース)。

新たな未来社会として提唱されているSociety 5.0の基盤となる無線通信は,5Gが2020年に開始され,2030年以降はBeyond 5G/6Gを加えた新たな通信世代に移行することが見込まれている。

このスムーズな移行には通信インフラを担う基地局の新たな整備が必要で,その開発が加速している。現在,基地局の無線部を構成する増幅器については,特定の周波数帯域での個別開発が進められてきた結果,基地局には,通信世代ごとに異なる無線部が設置されている。

そのため,Beyond 5G/6G基地局においては,省スペース化や保守・運用コストの観点から無線部の共用化が期待されており,各通信世代の周波数帯をカバーできる超広帯域化が求められている。

また,Beyond 5G/6Gでは,5Gを上回る通信速度での多数同時接続を実現するため,従来よりも多くのアンテナが密に配置されることから,電波制御には多くの電力が使用される。そのため,増幅器には消費電力の低減も求められている。

同社は今回,これらのニーズに応えるために,増幅器の超広帯域化と低消費電力化を両立し,4GからBeyond 5G/6Gまで対応する基地局用GaN増幅器を開発した。詳細については,2023年6月開催の国際会議「IEEE IMS 2023」で発表するとしている。

その他関連ニュース

  • NTT,光と無線のリアルタイム連携制御を実証 2024年05月16日
  • 京大,サブテラヘルツ帯電波伝搬シミュレータを開発 2024年05月15日
  • NTT,光ファイバを通信断なく分岐・合流施工に成功 2024年04月25日
  • NICTら,ISS-地上間で秘密鍵共有と高秘匿通信に成功 2024年04月18日
  • 古河電工,国内最多4000心光ファイバケーブルを発売 2024年04月16日
  • NTTら,米英でデータセンタ間~約100kmをAPN接続 2024年04月12日
  • ドコモら,サブテラヘルツ帯デバイスで100Gb/s伝送 2024年04月11日
  • 名城大ら,GaN面発光レーザーの変換効率20%超に 2024年04月03日