清原光学ら,コンステ用電波・光通信技術を開発へ

清原光学,アクセルスペース,東京大学,東京工業大学は,情報通信研究機構の委託研究「Beyond5G 次世代小型衛星コンステレーション向け電波・光ハイブリッド通信技術の研究開発」について採択され,開発に着手したと発表した(ニュースリリース)。

近年,米国を中心に数百機から数千機の超小型衛星により構成される通信衛星コンステレーションの構築が官民で行なわれている。

中でも,地球低軌道(LEO)で衛星間光通信を行なうことによるネットワーク構築は次世代のキーテクノロジーとして注目されており,単に地上の通信インフラ未整備エリアを補完するだけでなく,従来通信サービスが十分に提供されていなかった空間(船舶,航空機,地球観測衛星など)への活用が期待されている。

しかし,現在の光通信機は数百kg級衛星を念頭に置いた高出力なものが多く,安価にコンステレーションを構築することに有力な100kg級衛星への搭載が難しいのが現状となっている。

研究では,100kg級衛星でGb/s級の衛星間通信及び地上との通信が可能な光通信機を開発する。この研究の光通信機を利用することにより,衛星間光通信機を搭載した100kg級衛星でのネットワーク構築が可能となる。

加えて,光通信機は曇天時等の悪天候時には地上との通信として利用することができないため,それを補完するためのKa帯による高速なRF通信機の開発を合わせて行なう。

この共同研究開発において,清原光学は主に光通信機の光学系開発を担当する。同社は長年にわたって様々な光学機器開発のノウハウを蓄積しているが,今回は宇宙望遠鏡や光衛星通信用光地上局光学系の開発で培った経験と実績を応用展開し,大きな成果を出したいとしている。

その他関連ニュース

  • NICTら,量子暗号でゲノムの安全な伝送システム構築 2022年11月17日
  • NTTら,遠隔ロボット手術の同一環境をIOWNで共有 2022年11月17日
  • NTT,Open APNに向けマルチベンダ接続実施 2022年11月17日
  • 2026年通信機器の国内市場,3兆3,292億円に 2022年11月17日
  • OKIと古河電工,CATV向けIP放送で技術提携 2022年11月07日
  • NICT,短距離向け光コヒーレント伝送方式を開発 2022年10月31日
  • 古河電工,C-band帯ラマン増幅レーザーで800mW 2022年10月18日
  • 東工大,極低温で動作する光変調器の高速動作に成功 2022年10月05日